メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
'''井上 之房'''(いのうえ ゆきふさ、[[天文 (元号)|天文]]23年([[1554年]]) - [[寛永]]11年[[10月22日 (旧暦)|10月22日]]([[1634年]][[12月12日]]))は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]から[[江戸時代]]の武将。[[井上之正]]の子。[[黒田二十四騎]]、[[黒田八虎]]の一人として数えられる。通称、弥太郎、九郎右衛門、周防守。初名は政国。号は道柏。
 
[[黒田職隆]]、[[黒田孝高|孝高]]、[[黒田長政|長政]]、[[黒田忠之|忠之]]四代に仕えた重臣。[[小田原征伐]]、[[朝鮮の役]]に出陣。[[関ヶ原の戦い]]では石垣原で大友軍の[[吉弘統幸]]を討つ。長政の筑前移封の際に[[黒崎城]]を築き一万六千石を領した。[[福岡藩#黒田騒動|黒田騒動]]が起こると[[栗山利章]]と結んで[[倉八正俊]]を排斥した。墓所は[[福岡県]][[岡垣町]]の龍昌寺
 
{{People-stub}}
1

回編集