メインメニューを開く

差分

C:CITE分類、日付は履歴から
「'''[[18禁]]'''」(18最未満禁止、の略)、'''[[エロゲー]]'''(性的=[[エロティック|エロ]]描写を含む作品)という通称でも言われ、日本では2010年現在、成人向けゲームの多くが[[パーソナルコンピュータ|パーソナルコンピュータ(PC)]]で、[[Microsoft Windows|Windows]]([[マイクロソフト]]社製)の[[オペレーティングシステム|OS]]をプラットフォームとする[[男性]]向けゲームであり、かつ性的描写を含むゲームという印象が強い。
 
厳密には、[[コンシューマーゲーム]]を中心に展開されている暴力的な表現があるものも含まれる。しかし、2010年現在は18歳以上推奨([[コンピュータエンターテインメントレーティング機構]](以下CERO)のレーティングコードなど)程度にとどめており、[[アダルトゲーム]]とは違い販売店での規制は定められていない<ref>ただ、ビデオショップや[[レンタルビデオ]]店で、成人指定(R-18)の映画が[[アダルトビデオ]]とは違い、アダルトコーナーではなく、一般コーナーに置かれることが{{要出典範囲|多い|~~~~~date=2010年4月}}ため、ある意味同じような状況と言える。</ref>。また、[[コンピュータソフトウェア倫理機構]](以下ソフ倫)<ref>ソフ倫は[[映像コンテンツ倫理連絡会議]](仮称)において、審査基準・表示の一本化を協議することに参加しており、暴力・反社会的な作品を審査する確率が高くなった。</ref>や[[コンテンツ・ソフト協同組合]]の規制の対象外である(その作品に該当するメーカーすら存在しない)。<!--しかし近年では各都道府県で定める[[有害図書]]の範疇に、暴力的であったり反社会的な内容のゲームを指定しようとする動きもある。([[成人向けゲーム#暴力的ゲーム|下記]]参照)-->
 
性的描写の規制そのものの問題に関しては、[[アダルトゲーム#アダルトゲームと規制|アダルトゲームと規制]]を参照のこと。
94,774

回編集