メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
初演は[[1890年]][[1月15日]](<small>新暦</small>)に[[マリインスキー劇場]]において行われ、『白鳥の湖』よりも好意的な評価を報道された。だがチャイコフスキーは、この作品が海外の劇場で大ヒットする栄光の瞬間を味わうことはできなかった。
 
チャイコフスキーは[[1893年]]に他界する。それから10年後の[[1903年]]までに、『眠れる森の美女』は帝室劇場で1番人気の[[チェーザレ・プーニ|チェザーレ・プーニ]]作曲・プティパ振付の『ファラオの娘』に次ぐ地位を得た。サンクトペテルブルで活躍したイタリア人バレリーナが帰国して行った[[ミラノ]]・[[スカラ座]]における上演はまるで人口に膾炙せず、『眠れる森の美女』が国際的に古典的なレパートリーとして不朽の地位を射止めたのは、ようやく[[1921年]]の[[ロンドン]]公演においてであった。ただし、それはチャイコフスキーとプティパが作った『眠れる森の美女』を基にしながらも異なる部分があり、また、ロシアにおいても革命・ソ連時代を経て異なるものに変わっていった。原作がどういうものであったのかがわかったのは、1999年4月30日、ロシア、サンクトペテルブルクの[[マリインスキー・バレエ]]が復原版を上演したときのことである<ref>その一部が2007年[[マリインスキー劇場]]ニューイヤーガラのテレビ放映で流され、ネット上でも見ることができる。</ref>。
 
== あらすじ ==
[[ファイル:Krasavitsa.jpg|thumb|350px|プティパ版『眠れる森の美女』、サンクトペテルブル、1890年。第3幕の衣装をつけたオーロラ姫([[カルロッタ・ブリアンツァ]])とデジレ王子([[パーヴェル・ゲルト|パヴェル・ゲルト]])]]
=== プロローグ ===
フロレスタン14世の娘、オーロラ姫の誕生により、盛大な[[洗礼]]の式典が行われている。6人の[[妖精]]たちの一行が招待を受けて、彼女の名付け親となるべくやってくる。夾竹桃の精、三色ヒルガオの精、パンくずの精、歌うカナリアの精、激しさの精、そして一番偉い善の精、リラの精である。まず国王が妖精たちに贈り物をし、妖精たちがそれぞれオーロラ姫に授け物をする(正直さ、優雅さ、繁栄、美声、および寛大さなどを授けた、とする改訂版もある)。
228,907

回編集