「ウィーン体制」の版間の差分

編集の要約なし
ウィーン会議で[[フランス]]外相[[シャルル・モーリス・ド・タレーラン=ペリゴール|タレーラン=ペリゴール]]の主張した[[正統主義]]を基に、[[フランス革命]]以前の状態を復活させ、[[大国]]の[[勢力均衡]]を図った。[[神聖同盟]]、[[四国同盟]]らの列強を中心に、[[自由主義]]・[[国民主義]]運動を抑圧した。一方で、その基本理念はヨーロッパの協調にあり、国家間の諸問題の解決に外交努力を惜しまなかったことから歴史的にみても比較的長期(見方によっては[[第一次世界大戦]]まで)の安定をヨーロッパにもたらした。
 
しかし、[[産業革命]]による市民生活の発展や大国間の利害関係の複雑化、あるいは1830年前後の[[ギリシア独立戦争]]・[[フランス7月革命]]などの動揺などから次第に枠組みが揺らぎ始め、[[1848年革命]]後に大国の被支配地域を中心に[[ナショナリズム]]が先鋭化すると、体制を支えていた同盟国同士が自国の利益のみを追求するようになり、結局[[クリミア戦争]]を回避することができず崩壊した。
 
==関連項目==
*[[ギリシア独立戦争]]
*[[ポルトガル内戦]]
*[[フランス7月革命]]
*[[カルリスタ戦争]]
*[[1848年革命]]
匿名利用者