メインメニューを開く

差分

 
== 近代のガリシア王国 ==
ガリシア王国は、1528年に初めて開かれた[[フンタ]]([[:gl:Xunta]]、行政を担当する自治政府)によってスペイン中央政権に対する単なる象徴となった。フンタは、[[サンティアゴ・デ・コンポステーラ]]、[[ルーゴ]]、[[ベタンソス]]、[[ア・コルーニャ]]、モンドニェード、トゥイといった諸都市の代表で構成された。フンタは実際の権力を持たなかった。スペインの中央集権制が弱まった[[半島スペイン独立戦争]]時代にのみ、一部の自治権を獲得している。対フランス独立戦争([[半島戦争]])の際には、フンタはガリシアが独立国であることを宣言した(1808年-1813年)。1813年、国王[[フェルナンド7世 (スペイン王)|フェルナンド7世]]はすぐにガリシアを取り戻した。
ガリシア王国は公式に1833年まで存在した。これは、時の[[摂政]]で、女王[[イサベル2世 (スペイン女王)|イサベル2世]]の生母である[[マリア・クリスティナ・デ・ボルボーン|マリア・クリスティナ]]の元での地方分割が行われた時である。ガリシアは1846年の反乱で武装し、その地域の再統合が叶ったが、二度と王国の状態に戻ることはなかった。
22,737

回編集