差分

本の雑誌社

82 バイト追加, 7 年前
概要
のちの[[マガジンハウス]]編集者で、女優[[本上まなみ]]の夫である[[沢田康彦]]も助っ人出身。また、伝説のお笑い演芸専門誌『[[カジノフォーリー]]』の編集長を勤めた、[[竹本幹男]]も助っ人出身。
 
助っ人出身者は他に、写真家の[[上原ゼンジ]]、翻訳家の[[那波かおり]]、[[岩本正恵]]、絵本作家の[[本下いづみ]]、ジャズ評論家の[[富澤えいち]]、書評家の[[吉田伸子]](元・本の雑誌社社員)、イラストレーターの[[福井若恵]]、[[小学館]]の編集者の[[徳山雅記]]([[ステレオ写真グラム]]本を多数刊行。現「[[ドラえもん]]ルーム」担当)、編集者・ライターの[[南陀楼綾繁]]などがいる。
 
ちなみに当時の助っ人へはバイト代は出ず、見返りは、好きなときに[[カツ丼]]や[[ギョウザ]]・[[ラーメン]]などを腹いっぱい食べられることであった(「助っ人」たちの話は、目黒考二の『本の雑誌風雲録』に詳しい)。
19,236
回編集