「文化財保護法」の版間の差分

編集の要約なし
m (Category:日本の法律)
'''文化財保護法'''('''ぶんかざいほごほう''')とは、[[昭和]]25年([[1950年]])に制定された、日本における文化財を保存し、活用し、国民の文化的向上を目的とする[[法律]]。
 
この法律制定の契機になったのは、昭和24年1月26日の[[法隆寺]](奈良県斑鳩町)の金堂の火災による炎上に伴って、建物とともに壁画が失われたという事件であることはよく知られている。この事件は、全国的に衝撃を与え、文化財保護体制の整備を要望する世論の高まりとなり、文化財の保護についての総合的な法律として、議員立法により制定された。
このことで1月26日は、「文化財防火デー」として定められ、文化庁は、毎年防火事業など災害から文化財を守るための訓練などを行うよう自治体等に呼びかけている。
 
有形、無形の[[文化財]]を分類し、その重要性を考慮して、[[文部科学大臣]]または[[文化庁長官]]の指定、選択、あるいは登録により、文化財の保護のための経費の一部を公費で負担することができる制度を実現している。(文化財保護法が定める文化財の分類については、[[文化財]]の項目参照)
 
9,550

回編集