「カッパーベルト州」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: sv:Copperbelt)
編集の要約なし
'''カッパーベルト州'''('''カッパーベルトしゅう、{{lang-en|Copperbelt Province'''}})は、[[ザンビア]]の州。ザンビア北部に位置し、北東を[[コンゴ民主共和国]]の[[カタンガ州]]と接する。[[面積]]31,328km²、[[人口]]1,581,221人。ザンビアでは[[ルサカ州]]に次いで2番目に面積の小さな州だが、人口はザンビアの9つの州の中で最も多い。その名の通り全域が[[カッパーベルト]]に位置し、州内いたるところで[[銅]]を産出する大鉱山地帯である。州都は[[ンドラ]]。北西から順に30kmから40kmほどの間隔を置いて[[チリラボンブウェ]]、[[チンゴラ]]、[[ムフリラ]]、[[キトウェ]]、ンドラ、[[ルアンシャ]]と、人口20万人から30万人ほどの都市が6つ並び、都市圏を形成している。
 
主産業は銅の[[採掘]]ならびに[[精錬]]。[[鉱山労働者]]が多く集まるためザンビアで最も[[都市化]]が進んだ地域であり、また地域特性上[[労働組合]]が非常に強く、[[1990年]]の[[民主化]]ではこの地の労働組合の指導者である[[フレデリック・チルバ]]を先頭に民主化運動が最も盛んだった。
 
[[気候]]は温暖で土地が肥沃であるため農業も有望であるが、鉱業に労働力が集まりすぎており、[[農地開発]]は進んでいない。
 
[[Category:ザンビアの地理]]