「島津綱貴」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
{{基礎情報 武士
{{武士/開始|島津綱貴}}
| 氏名 = 島津綱貴
{{武士/時代|[[江戸時代]]中期}}
| 画像 =
{{武士/生誕|[[慶安]]3年[[10月24日 (旧暦)|10月24日]]([[1650年]][[11月17日]])}}
| 画像サイズ =
{{武士/死没|[[宝永]]元年[[9月16日 (旧暦)|9月16日]]([[1704年]][[10月14日]])}}
| 画像説明 =
{{武士/改名|(初名)延久→綱貴}}
{{武士/| 時代| = [[江戸時代]]中期}}
{{武士/別名|虎寿丸(幼名)、又三郎(通称)}}
{{武士/| 生誕| = [[慶安]]3年[[10月24日 (旧暦)|10月24日]]([[1650年]][[11月17日]])}}
{{武士/戒名|大玄院殿昌道元新大居士}}
{{武士/| 死没| = [[宝永]]元年[[9月16日 (旧暦)|9月16日]]([[1704年]][[10月14日]])}}
{{武士/諡号|厳速活光彦命}}
{{武士/| 改名| = (初名)延久→綱貴}}
{{武士/墓所|[[鹿児島県]][[鹿児島市]]池之上町の島津家墓地<br />([[福昌寺 (鹿児島市)|福昌寺跡]])}}
{{武士/| 別名| = 虎寿丸(幼名)、又三郎(通称)}}
{{武士/官位|従四位上、左近衛中将、<br />[[薩摩国|薩摩]]守}}
{{武士/| 諡号| = 厳速活光彦命}}
{{武士/藩|薩摩鹿児島藩主}}
{{武士/| 戒名| = 大玄院殿昌道元新大居士}}
{{武士/幕府|[[江戸幕府]]}}
{{武士/| 墓所|[[鹿児島県]] = [[鹿児島市]]池之上町の島津家墓地<br />([[福昌寺 (鹿児島市)|福昌寺]])}}
{{武士/氏族|[[島津氏]]}}
{{武士/| 官位| = 従四位上、左近衛中将、<br />[[薩摩国|薩摩]]守}}
{{武士/父母|父:[[島津綱久]](第2代藩主[[島津光久]]の長男)<br />母:[[伊予松山藩]]2代藩主・[[松平定頼]]の娘(眞修院殿)}}
{{武士/| 幕府| = [[江戸幕府]]}}
{{武士/兄弟|島津久季([[加治木島津家]]養子)、妹2人([[酒井忠隆]]正室)、([[鳥居忠英]]正室)}}
| 主君 =
{{武士/妻|正室:鷹司[[松平信平]]の娘<br />継室:[[上杉綱憲]]養女・鶴姫([[吉良義央]]の娘<ref>[[延宝]]8年([[1680年]])離縁</ref><br />側室:お豊の方(家臣・江田国重の娘)<ref>亀姫の生母で、鶴姫離縁後は対外的に「継室」と称された。参考:「薩藩旧記雑録 追録」「島津家列朝制度」など</ref>他}}
| 藩 = [[薩摩藩]] 藩主
{{武士/子|[[島津吉貴]](長男)、島津久儔(三男)、島津忠直(四男)、島津久方(五男)、[[禰寝清純]](六男)、島津久東(七男)、島津久福(九男)、<br />亀姫([[近衛家久]]室)、栄(久松[[松平定英]]正室)、娘(島津久智室)、娘(町田久儔室)、娘(桂久音室)。}}
{{武士/| 氏族| = [[島津氏]]}}
{{武士/終了}}
{{武士/| 父母| = 父:[[島津綱久]](第2代藩主[[島津光久]]の長男)<br />母:[[伊予松山藩]]2代藩主・[[松平定頼]]の娘(眞修院殿)}}
{{武士/| 兄弟|島津 = 久季([[加治木島津家]]養子)、<br />妹2人([[酒井忠隆]]正室)、([[鳥居忠英]]正室)}}
{{武士/妻| 妻 = 正室:鷹司[[松平信平]]の娘<br />継室:[[上杉綱憲]]養女・鶴姫([[吉良義央]]の娘<ref>[[延宝]]8年([[1680年]])離縁</ref><br />側室:お豊の方(家臣・江田国重の娘)<ref>亀姫の生母で、鶴姫離縁後は対外的に「継室」と称された。参考:「薩藩旧記雑録 追録」「島津家列朝制度」など</ref>他}}
{{武士/子| 子 = [[島津吉貴|吉貴]](長男)、島津久儔(三男)、島津忠直(四男)、島津<br />久方(五男)、[[禰寝清純]](六男)、島津久東(七男)、島津久福(九男)、<br />亀姫([[近衛家久]]室)、<br />栄(久松[[松平定英]]正室)、娘(島津久智室)、<br />娘(町田久儔室)、娘(桂久音室)。}}
| 特記事項 =
}}
 
'''島津 綱貴'''(しまづ つなたか)は、[[江戸時代]]の[[島津氏]]第20代当主。[[薩摩藩]]の第3代藩主。
 
慶安3年(1650年)10月、第2代藩主・光久の嫡孫として生まれた。[[延宝]]元年([[1673年]])、父の綱久が42歳で早世したため、祖父の光久から後継者に指名された。[[貞享]]4年([[1687年]])7月、光久が隠居したため、家督を継ぐ。