メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
'''小沢 辰男'''('''小澤 辰男'''、おざわ たつお、{{和暦|1916}}[[12月7日]] - )は、[[日本]]の[[政治家]]。元[[衆議院議員]]。[[新潟県]][[新潟市]]出身。[[建設大臣]]、[[厚生大臣]]、[[環境庁]]長官などを歴任した。父は衆議院議員の[[小沢国治]]。
 
== 来歴 ==
[[新潟県]][[新潟市]]出身。[[新潟県立新潟高等学校|新潟県立新潟中学校]]を経て[[新潟高等学校_(旧制)|官立新潟高等学校]]卒業。[[1941年]]、[[東京大学|東京帝国大学]][[法学部]]政治学科を卒業し、[[内務省 (日本)|内務省]]に入省。[[中曽根康弘]]とは東京帝大、内務省で同期。戦後、内務省が解体されると[[厚生省]]に移り、厚生省[[医務局]]整備課長を務めた後、公衆衛生局、保険局などに勤務。1959年12月から翌年5月まで新潟赤十字センター長を務め、[[在日朝鮮人の帰還事業]]において警備や帰還者の援護の統括業務を行った<ref>「北朝鮮日本人妻里帰り問題 小沢辰男衆院議員に聞く 居住希望するなら認めるべき」『[[産経新聞]]』1997年10月21日、東京朝刊、2面。</ref>。
 
厚生省を退官すると、地元の新潟硫酸取締役や新潟米油社長を務める。[[1960年]]、[[衆議院議員総選挙]]に[[新潟県第1区 (中選挙区)|旧新潟1区]]から[[自由民主党]]公認で立候補し当選する。以後当選回数13回。
 
自民党[[田中派]]の大幹部で、[[木曜クラブ]]事務総長などを務める。[[田中角栄]]の金庫番とも言われ、田中の最側近の一人であった。田中派には同姓の[[小沢一郎]]がいたため、二人を区別するため、小沢辰男は「本家小沢」などとも呼ばれた。田中派内では田中直系として田中の意の下に終始行動し、角栄も[[竹下登]]と後見役の[[金丸信]]を抑えるために自民党幹事長に小沢を送り込もうとしたが、これは果たせなかった。田中派分裂に際しては、[[竹下派]]、[[二階堂進|二階堂]]グループ双方に参加せず、無派閥となる。
 
{{DEFAULTSORT:おさわたつお}}
 
[[Category:1916年生]]
[[Category:新潟県の政治家]]
[[Category:日本の厚生労働官僚]]
[[Category:衆議院議員]]
[[Category:日本の閣僚経験者]]
[[Category:自由民主党の国会議員]]
[[Category:新潟県選出政治家国会議員]]
[[Category:日本の内務官僚]]
[[Category:日本の厚生労働官僚]]
[[Category:日本の学校法人の理事長]]
[[Category:日本の実業家]]
[[Category:新潟市出身の人物]]
[[Category:1916年生]]