「ハピ」の版間の差分

表現を補う。
(追記。画像追加。スタブを外す。(基本的なところはおさえたかと思うので))
(表現を補う。)
顎に髭をはやし、垂れた女性の胸を持つ緑または青色の太った男の姿で表される。女性の胸は豊饒性を表すと考えられている<ref name="Ions208">{{Harvnb|イオンズ|p=208|Ref=none}}</ref>。また、ナイル川の北と南を表す2人の神と考えられることもあった<ref name="Ions208" />。頭上に[[パピルス]]あるいは[[スイレン属|睡蓮]]の葉を乗せて描かれる。手には供物が高く積み上げられた盆、もしくは水が流れ出る壷を持っている。上下ナイルを表す2本の植物または2個の壷を持つ姿で表されることもある<ref>{{Harvnb|イオンズ|p=210|Ref=none}}</ref>。
 
毎年発生するナイル川の氾濫はエジプトの大地に水と肥沃な土壌をもたらすものであった。エジプトの人々は氾濫の期間にハピに食物や装飾品、宝石を供物として捧げた<ref name="Cotterell">{{Harvnb|コッテル|p=66|Ref=none}}</ref>。
 
ハピはナイルの氾濫による恵みをもたらす神として、大地、豊穣、創造の神々を養うものであり、また、神々へ捧げられるの供物をもたらすものでもあった。ハピは「神々の父」と呼ばれ、原書の水の神である[[ヌン]]と同一視された。また、豊穣の神として[[オシリス]]と同一視、あるいはオシリスの化身とみなされることもあった。ハピがその女性の胸でオシリスに乳を与え、オシリスを復活させたというもある<ref name="Ions208" />。オシリス信仰期に、エジプトの神々の中でハピの妻とみなされていたのは[[ネクベト]]であった<ref>{{Harvnb|イオンズ|pp=167-168|Ref=none}}</ref>。
 
== 脚注 ==
766

回編集