「平林正恒」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
 
== 経歴 ==
父は平林正家(肥後守)。武田氏家臣として[[信濃国]]更級郡平林城城主を勤めていたが、[[天正]]10年([[1582年]])に[[織田信長]]、[[徳川家康]]連合軍により[[天目山の戦い]]で武田氏が滅亡すると越後国に逃れて上杉氏に250石で仕える。その後、[[直江兼続]]に算勘を認められて1000石を給される。[[慶長]]3年([[1598年]])に[[白河小峰城]]に移り、5360石となり、同6年([[1601年]])には[[福島城]]二の丸に入り、伊達、信夫両郡の奉行となる。
 
慶長13年([[1608年]])に[[春日元忠]]が死去すると、その後を継いで郡代と奉行を兼ねた執政となり、直江の下で藩政諸般を統括した。