「中村歌六」の版間の差分

編集の要約なし
[[File:Tsuru-katabami inverted.jpg|thumb|100px|蔓片喰]]
 
'''中村 歌六'''(なかむら かろく)は、[[歌舞伎]]役者の[[名跡]]。[[屋号]]は[[播磨屋 (歌舞伎)|播磨屋]]、五代目が一時期のときに[[萬屋]]を名乗としてい → 詳細は「[[萬屋]]」の項を参照)。<!--播磨屋に戻るのは九月の秀山祭から-->[[定紋]]は播磨屋のときが揚羽蝶、萬屋の時はときが桐蝶、替紋は蔓片喰<small>(つるかたばみ)</small><!--[[俳名]]は歌六梅(かろくばい)-->。
 
*[[中村歌六 (初代)|初 代 中村歌六]]
**大坂三井の番頭・丹波甚助の子、播磨屋作兵衛の養子、1779–1859。[[中村歌右衛門 (3代目)|三目中村歌右衛門]]の門人から上方歌舞伎の名[[女形]]に。
**初代[[中村もしほ]] → 初代中村歌六
 
*[[中村歌六 (2代目)|二代目 中村歌六]]
**初代の次男。生年不詳-1891
**初代[[中村種太郎]] → 二代目中村もしほ → 二代目中村歌六 → 二代目[[坂東志うか]](大和屋)
 
*[[中村歌六 (3代目)|三代目 中村歌六]]