「新町紡績所」の版間の差分

編集の要約なし
(M)
== 歴史 ==
 明治10年、明治政府の殖産興業政策の一環として建設された官営工場で、[[富岡製糸場]]のような[[製糸]]工場から出る屑糸や製糸できない屑繭を[[紡績]]して絹糸(紡績絹糸)をつくる工場でした。この種の工場は日本にはなく、ウィーン万博で渡欧した[[佐々木長淳]]の献策により設置が決まり、基本的な設備はスイスとドイツから輸入されました。工場建築は、やはりウィーン万博で渡欧した新潟の大工[[山添喜三郎]]が西欧建築を身につけて帰国しており、設計から施工までを担当しました。
明治10年(1877)7月開所、10月20日には[[大久保利通]]、[[伊藤博文]]、[[大隈重信]]など当時の政府首脳がほとんど出席して開所式が挙行されました。翌年には[[明治天皇]]が行幸され、自ら紡績機械を運転して確かめたという記録もあります。なお、この時に天皇の宿舎としてつくられた新町行在所も町内に現存します。その後明治1720年に三井呉服店に譲渡され、いくつかの会社の手を経て明治40年に鐘ヶ淵紡績株式会社(現カネボウ㈱)に譲渡されました。
鐘紡に譲渡された前後から紡績絹糸の評判が高まり、地元伊勢崎の[[伊勢崎銘仙]]の原料などとしてひろく使われました。このため明治40年には工場の大拡張が行われました。
 その後、大正~昭和期にも業績を伸ばし、製糸工場なども併設されました。第2次大戦で一時的に生産が落ち込みましたが、戦後は合成繊維の分野にも進出、最盛期には約5万坪の敷地に3千人以上の従業員の働く一大工場となりました。しかし昭和40年頃から繊維産業全体の退潮期を迎え、昭和50年に絹糸紡績は廃止されてしまいました。その後は製糸、合繊も廃止となり、食品工場に転用されたものの工場規模は年々縮小されています。
匿名利用者