「アントニー・ゴームリー」の版間の差分

m
 
==経歴==
ゴームリーは7人の子供たちの末子として、[[ロンドン]]のハムステッドに生まれた。[[ノース・ヨークシャー州]]のアンプルフォース・カレッジに入学。[[1968年]]から[[1971年]]にかけて、[[ケンブリッジ大学]][[トリニティ・カレッジ (ケンブリッジ大学)|トリニティ・カレッジ]]で、考古学、人類学、美術史の学位を取得すると、[[スリランカ]]および[[スリランカ]]に渡り、[[仏教]]を3年間学ぶ。[[1974年]]にロンドンに戻ると、[[セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン]]および[[ゴールドスミス・カレッジ]]に通い、[[1977年]]から[[1979年]]までスレイド美術大学、[[ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン]]の彫刻の大学院課程を修了。
 
ここ25年間、ゴームリーは、人体とは記憶と変化の「場所」であるとする、ラディカルな研究を通して、そして、自身の体をモデルに・ツールに・素材に使って、彫刻における人間像に新しい生命を与えてきた。[[1990年]]以降は、『アロットメント』、『クリスタル・マス』、『アナザー・プレイス』、『ドメイン・フィールド』、『インサイド・オーストラリア』、最近の『ブラインド・ライト』といった大規模な[[インスタレーション]]の中で、集団の肉体および自他の関係性を切り開くための人間の条件に関心を広げている。