「ジョン・ブラナー」の版間の差分

en:John Brunner (novelist)(2010年6月16日 23:54:48(UTC))の部分訳をマージ
m (ロボットによる 追加: sv:John Brunner)
(en:John Brunner (novelist)(2010年6月16日 23:54:48(UTC))の部分訳をマージ)
{{Infobox Writer
{{文学}}
'''| name = ジョン・キリアン・ヒューストン・ブラナー'''('''John Kilian Houston Brunner''', [[1934年]]9月24日 - [[1995年]]8月26日)は、多作で知られた[[イギリス]]の[[SF作家]]。
| pseudonym = ジョン・ブラナー
| birthdate = {{Birth date|1934|9|24|df=y}}
| birthplace = {{GBR}} [[オックスフォードシャー]] ウォリンフォード
| deathdate = {{death date and age|1995|8|26|1934|9|24|df=y}}
| deathplace =
| occupation = [[小説家]]
| nationality = {{GBR}}
| period =
| genre = [[サイエンス・フィクション]]<br>[[ファンタジー]]
| subject =
| movement =
| notableworks = [[:en:Stand on Zanzibar|Stand on Zanzibar]]<br />『衝撃波を乗り切れ』
| influences =
| influenced = [[サイバーパンク]]
| website = http://www.sfhub.ac.uk/Brunner.htm
}}
 
'''ジョン・キリアン・ヒューストン・ブラナー'''('''John Kilian Houston Brunner''', [[1934年]]9月24日 - [[1995年]]8月26日)は、多作で知られた[[イギリス]]の[[SF作家]]。人口過剰となった世界を描いた[[1968年]]の小説 ''Stand on Zanzibar'' (未訳)で[[1969年]]の[[ヒューゴー賞 長編小説部門|ヒューゴー賞長編小説部門]]を受賞し、現在でも古典的名作とされている。その作品は[[英国SF協会賞]]も同年受賞している。翌年には ''The Jagged Orbit'' で英国SF協会賞を連続受賞した。
彼は[[オックスフォードシャー]]の Preston Crowmarsh で生まれ、[[チェルトナム]]で育った。17歳のときにジル・ハントの筆名で ''Galactic Storm'' という処女長編小説を書いたが、専業作家となったのは[[1958年]]である。1953年から1955年の間[[イギリス空軍]]で働き、1958年に最初の妻と結婚。
 
== 生涯 ==
初期の作風は普通の[[スペースオペラ]]であったが、後に実験的な小説を書くようになる。[[1968年]]の小説 ''Stand on Zanzibar'' (未訳)は[[1969年]]の[[ヒューゴー賞 長編小説部門|ヒューゴー賞長編小説部門]]を受賞し、現在でも古典的名作とされている。
彼は[[オックスフォードシャー]]のウォリンフォードに程近いプレストン・クローマーシュで生まれ、[[チェルトナム]]の学校に進学。17歳のときにジル・ハントの筆名で ''Galactic Storm'' という処女長編小説を書いたが、専業作家となったのは[[1958年]]である<ref name="encyc">{{cite book | last=Tuck | first=Donald H. | authorlink= | title=The Encyclopedia of Science Fiction and Fantasy | location=Chicago | publisher=Advent | pages=70–72 | year=1974 |isbn=0-911682-20-1}}</ref>。1953年から1955年の間[[イギリス空軍]]で働き、1958年に最初の妻と結婚。ブラナーの健康は[[1980年代]]に衰えはじめ、[[1986年]]に最初の妻が亡くなると自身の健康状態も悪化した。[[1991年]]に再婚。1995年8月25日、[[スコットランド]]の[[グラスゴー]]で開催中の[[ワールドコン]]に参加中に[[脳梗塞]]で亡くなった<ref name="obit">{{cite news |work=Daily Telegraph |date=25 September 1995 |page=23 |title=Obituary of John Brunner}}</ref>。イギリスではSF[[ファンダム]]の有名人でもあった。
 
== 作家活動 ==
ブラナーの最も有名な作品は、[[1975年]]の先駆的[[サイバーパンク]]作品とも言える『衝撃波を乗り切れ』(''The Shockwave Rider'')であろう。この作品では彼は「[[ワーム (コンピュータ)|ワーム]]」(コンピュータネットワーク上で複製を作って増殖するソフトウェア))という用語を生み出した。また、この作品は[[アルビン・トフラー]]の『[[未来の衝撃]]』を読んで影響を受けたブラナーが書き、逆に『衝撃波を乗り切れ』を読んでトフラーが『[[第三の衝撃]]』を書いたことでも有名である。
初期の作風は普通の[[スペースオペラ]]であったが、後に実験的な小説を書くようになる。1968年の人口過剰な世界を描いた長編小説 ''Stand on Zanzibar'' で1969年の[[ヒューゴー賞]]長編小説部門を受賞<ref name="gaoc">{{cite news |first=Rich |last=Grant |work=Daily Collegian |publisher=Penn State University |title=Writer John Brunner speaks; God appears on campus |url= http://digitalnewspapers.libraries.psu.edu/Default/Skins/BasicArch/Client.asp?Skin=BasicArch&&AppName=2&enter=true&BaseHref=DCG/1972/11/20&EntityId=Ar00301 |date=November 20, 1972 |accessdate=February 8, 2010}}</ref>。同作品は[[英国SF協会賞]]も受賞した。翌1970年には ''The Jagged Orbit'' で英国SF協会賞を連続受賞した。1972年の ''The Sheep Look Up'' は生態系破壊を警告した予言的内容である。[[1975年]]の先駆的[[サイバーパンク]]作品とも言える『衝撃波を乗り切れ』(''The Shockwave Rider'') では、「[[ワーム (コンピュータ)|ワーム]]」(コンピュータネットワーク上で複製を作って増殖するソフトウェア))という用語を生み出した。この作品は[[アルビン・トフラー]]の『[[未来の衝撃]]』を読んで影響を受けたブラナーが書き、逆に『衝撃波を乗り切れ』を読んでトフラーが『[[第三の衝撃]]』を書いたことでも有名である。
 
ジョン・ブラナーのほかに K・H・ブラナー、ジル・ハント、 John Loxmith、Trevor Staines、Keith Woodcott といったペンネームも使っていた<ref name="encyc"/>。
ブラナーの健康は[[1980年代]]に衰えはじめ、[[1986年]]に最初の妻が亡くなると自身の健康状態も悪化した。[[1991年]]に再婚。ブラナーは[[スコットランド]]の[[グラスゴー]]で開催されていた[[ワールドコン]]に参加中に心臓発作で亡くなった。
 
小説以外では、原稿料を貰わずに[[ファンジン]]などに文章をよく書いた。他に[[ニュー・サイエンティスト]]誌に13通の手紙を送って、それが掲載されている。また、''Physics Education'' (1971) volume 6 pages 389-391 には "The educational relevance of science fiction"(SF小説と教育の関係)という文章が掲載された。核武装反対運動 ([[:en:Campaign_for_Nuclear_Disarmament|Campaign for Nuclear Disarmament]], CND) の活動家でもあり、キャンペーンソング ''The H-Bomb's Thunder'' の作詞も手がけている。1972年、[[トリエステ]]で開催された初のヨーロッパ[[SF大会]] ''Eurocon-1'' にゲストとして招待された<ref name="encyc"/>。
 
== 日本語訳作品リスト ==
* 次元侵略者  ''Meeting at Infinity'' ([[1961年]])
* テラの秘密調査官  ''Secret Agent of Terra'' ([[1962年]])
* 銀河系の悪魔 スーパー・バーバリアン  ''The Super Barbarians'' (1962年)
* 幻影への脱出  ''The Dreaming Earth'' ([[1963年]])
* テレパシスト  ''The Whole Man'' ([[1964年]], 後に ''Telepathist'' と改題)
* 星は人類のもの連盟  ''The Long Result'' ([[1965年]])
* 流れ星をつかまえろ  ''Catch a Falling Star'' ([[1968年]])
* 原始惑星への脱出  ''Polymath'' ([[1974年]])
* 衝撃波を乗り切れ  ''The Shockwave Rider'' ([[1975年]])
 
※''Stand on Zanzibar'' (1968年) を始めとして多くの未訳長編がある。短編はいくつかが訳されている。
 
== 脚注・出典 ==
{{Reflist}}
 
== 外部リンク ==
* [http://www.sfhub.ac.uk/Brunner.htm John Brunner Archive at the University of Liverpool]
* [http://www.rudysbooks.com/brunnerobit.html Obituary] on Rudy's Books
* [http://www.skypoint.com/members/gimonca/brunner.html Heroes of Cyberspace:John Brunner] by Charles A. Gimon
* [http://scifan.com/writers/bb/BrunnerJohn.asp Bibliography] on [[:en:SciFan|SciFan]]
* {{isfdb name|id=John_Brunner}}
* [http://www.technovelgy.com/ct/AuthorTotalAlphaList.asp?AuNum=24 Science Fiction Inventions by John Brunner]
 
{{DEFAULTSORT:ふらな しよん}}
25,487

回編集