「ケスタ」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: lb:Cuesta)
[[ImageFile:Cuesta schematic1.PNG|thumb|right|240px|ケスタの概念図。濃い色が硬い地層、薄い色が軟らかい地層]]
[[File:Escarpment on the Cumberland Plateau, Tennessee.jpeg|thumb|right300px|ケスタの空中写真。中央に急崖が横たわる。アメリカ、[[テネシー州]]。]]
'''ケスタ'''(Cuesta、スペイン語で「斜面」の意)とは、傾斜した[[地層]]の[[差別侵食]]によりできた波状の[[地形]]。[[組織地形]]の一種。
 
 
軟らかい地層は浸食を受け、それらが取り除かれた部分は、浸食に対する抵抗度の大きい硬い地層が残り、背面の緩斜面が形成される。前面の急崖部は地層が侵食を受けている部分であり、軟らかい地層が浸食を受けるが上位の硬い地層の存在により急崖を形成した。
 
緩斜面から急崖に移行する部分は、片側が崖の緩い谷底状地形となり、[[河川]]が発達する。
 
== 主なケスタ地形 ==