「アキュムレータ (コンピュータ)」の版間の差分

この命令は、''memaddress'' のメモリ位置にある内容を読み出し、それをアキュムレータ上の値と加算し、結果をアキュムレータに格納する。命令上はアキュムレータは全く指定されていないが、この命令は暗黙のうちに必ずアキュムレータを使用する。アーキテクチャによっては、一部の命令で暗黙のアキュムレータを使用し、別の命令では明示的にレジスタを番号指定する。
 
現代のプロセッサでも[[x86]]プロセッサにはアキュムレータマシン風のところがある。AXレジスタ(8ビットプロセッサ時代のAレジスタに由来する。32ビットではEAX)がアキュムレータ的に扱われており、初期の命令セットでは一部の命令(代表的なものはMULとDIV)のソースの一方およびデスティネーションが暗黙でAXとDXに固定されている、AXを対象とする命令には短縮形がある、などのように、AXレジスタにアキュムレータとしての特別扱いがあった。後に拡張されるに従い、[[アセンブリ言語]]レベルでは任意の命令に任意のオペランドが指定できるようになりこの特徴は見えなくなった。しかし、[[機械語]]レベルでは[[後方互換性]]を保っているのでこの特徴は残っている。
[[80x86|x86]]系[[マイクロプロセッサ]]において、32ビットの EAX レジスタ(あるいはその一部である AX や AL、さらには大きな数の乗算では別のレジスタである EDX も)は一部の演算命令(MUL や DIV)でアキュムレータとして暗黙のうちに使われる。しかし、他の演算命令では EAX は番号指定されるレジスタの1つに過ぎない。例えば、<code>MUL ecx</code> という命令では、ECX レジスタの内容と EAX の内容の乗算を行い、結果を EAX と EDX に分けて格納する(オーバフローを防ぐため)。しかし、<code>ADD</code> 命令は2つのオペランドを指定でき、<code>ADD ecx, edx</code> と書けば ECX と EDX を加算し、結果を ECX に格納する<ref>{{cite book |last= Irvine |first= Kip R. |title= Assembly Language for Intel-Based Computers |year= 2007 |edition= 5th edition |publisher=Pearson Prentice Hall |id=ISBN 0-13-238310-1 |pages=pp. 633, 622}}</ref>。
<!--<ref>{{cite book |last= Irvine |first= Kip R. |title= Assembly Language for Intel-Based Computers |year= 2007 |edition= 5th edition |publisher=Pearson Prentice Hall |id=ISBN 0-13-238310-1 |pages=pp. 633, 622}}</ref>-->
 
== 歴史 ==