「マイ・フェア・レディ (映画)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
{{Infobox Film|
| 作品名 = マイ・フェア・レディ<br /><small>My Fair Lady</small>
| 画像 =
| 画像サイズ =
| 画像解説 =
| 監督 = [[ジョージ・キューカー]]
| 製作総指揮 =
| 製作 = ジャック・L・ワーナー
| 脚本 = アラン・ジェイ・ラーナー
| 制作費 = $17,000,000
| 興行収入 = $72,000,000
| 前作 =
| 次作 =
| allcinema_id = 21943
| kinejun_id = 8464
 
== キャスト ==
* [[オードリー・ヘプバーン]]:イライザ・ドゥーリトル
* [[レックス・ハリソン]]:ヒギンズ教授
* スタンリー・ハロウェイ:アルフレッド・ドゥーリトル
* [[ウィルフリッド・ハイド=ホワイト]]:ピカリング大佐
* [[ジェレミー・ブレット]]:フレディ
 
== ストーリー ==
 
== エピソード ==
* [[バーナード・ショー]]の『[[ピグマリオン (戯曲)|ピグマリオン]]』が1914年初演され、1938年に映画(アンソニー・アスキン監督)にもなった。これらを基にミュージカル舞台『マイ・フェア・レディ』が1956年に[[ブロードウェイ]]で公開されてロングランヒットとなったが、本作はその映画化権を550万ドルで買い取り制作されたものである。投資した額を回収するため必ず当たる主役をということで舞台版のイライザ役である[[ジュリー・アンドリュース]]ではなくオードリー・ヘップバーンを抜擢。ヒギンズ役も[[ケーリー・グラント]]に依頼したが「舞台版のレックスがやるべきだ」と断られてレックス・ハリスンがそのままやることになった。他にイライザの父親役、スタンリー・ホロウェイも舞台版に引き続いての出演であった。
* 映画では、オードリー・ヘップバーンの歌は、一部の歌い出し部分を除いて [[マーニ・ニクソン]]による[[吹き替え]]である<ref>Lawson, Kyle. [http://www.azcentral.com/ent/arts/articles/2008/06/10/20080610fairlady.html "Marni Nixon in ''My Fair Lady''",] ''The Arizona Republic'', June 10, 2008</ref>が、1994年に[[レーザーディスク|LD]]のスペシャルコレクション(日本では1996年3月)が発売された時に、吹き替え前に収録された自身による歌も収録され話題となった。また、フレディ役のジェレミー・ブレットの歌も吹き替えだった<ref>{{imdb name|0794301|Bill Shirley}}</ref>ことが本人によって明らかにされた。
* 舞台版のイライザ役であったジュリー・アンドリュースは、同年公開の『[[メリー・ポピンズ]]』の主役に抜擢され、アカデミー賞主演女優賞を受賞した。これには、同情票もあったとされるが、吹き替えではなく本人が歌っていたことにあると言われている。
* 映画公開時に制作されたポスターは、[[ボブ・ピーク]](Bob Peak)によるイラストのもの。
* 映画がアカデミー賞の主要部門を総なめする中、ライバル候補の[[ジュリー・アンドリュース]]に奪われる形でオスカーを逃してしまったオードリーの悔しさは相当なものであったらしく、授賞式後に周囲に激しく八つ当たりする映像が残っている。
 
== 楽曲 ==
第一部
 
* 序曲 (Overture)
* なぜ英語が話せない? (Why Can't The English?)
* ああ、なんてしあわわせ! (Wouldn't It Be Loverly?)
* 僕は普通の男 (I'm An Ordinary Man)
* 運が良けりゃ (With A Little Bit Of Luck)
* 今に見てろ (Just You Wait)
* 召使たちの歌  (Poor Professor Higgins)
* スペインの雨 (The Rain In Spain)
* 踊り明かそう (I Could Have Danced All Night)
* アスコットガヴォット (Ascot Gavotte)
* 君住む街角で (On the Street Where You Live)
 
第二部
 
* 大使館のワルツ (The Embassy Waltz)
* うまくやった (You Did It)
* 今に見てろ (Just You Wait)
* 君住む街角で (On the Street Where You Live)
* 私に見せて (Show me)
* 花市場 (The Flower Market)
* だが  まずは教会へ (Get Me To The Church On Time)
* 男性賛歌 (A Hymn To Him)
* あなたなしでも (Without You)
* 忘れられない君の顔 (I've Grown Accustomed to Her Face)
* 終曲 (The End)
 
== 受賞 ==
; アカデミー賞
* 最優秀作品賞
* 監督賞  [[ジョージ・キューカー]]
* 編曲賞  [[アンドレ・プレヴィン]]
* 録音賞  フランシス・J・シェイド=マレー・スピバック
* 撮影賞(カラー映画部門)  ハリー・ストラドリング
* 美術賞(カラー映画部門)  ジーン・アレン
* 衣装デザイン賞(カラー映画部門)  [[セシル・ビートン]]
* 男優賞  [[レックス・ハリソン]]
 
== 関連項目 ==
* [[日産・フェアレディZ]]
 
{{DEFAULTSORT:まいふえあれてい}}
[[Category:アカデミー賞作品賞受賞作]]
[[categoryCategory:アメリカ合衆国の映画作品]]
[[Category:ロンドンを舞台とした映画作品]]
[[categoryCategory:1964年の映画]]
[[categoryCategory:ミュージカル映画]]
[[categoryCategory:舞台劇の映画化作品]]
[[Category:ジョージ・バーナード・ショー]]
[[Category:ワーナー・ブラザーズの作品]]
1,580

回編集