「鉄道員 (小説)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
{{基礎情報 書籍
| title = 鉄道員(ぽっぽや)
| orig_title =
| image =
| image_size =
| image_caption =
| author = [[浅田次郎]]
| translator =
| illustrator =
| published = [[1997年]][[4月28日]]
| publisher = [[集英社]]
| genre =
| country = {{JPN}}
| language = [[日本語]]
| type = [[ハードカバー|上製本]]
| pages = 288
| preceded_by =
| followed_by =
| website =
| id = ISBN 978-4-08-774262-6
}}
* 「鉄道員(ぽっぽや)」 集英社文庫 初版2000年3月 ISBN 4087471713
* 「鉄道員、ラブ・レター」 集英社CDブック 初版1998年2月 ISBN 408901140X
** CDブックは1997年に[[NHK-FM放送|NHK-FM]]で放送された[[ラジオドラマ]] (声の出演:[[下條アトム]]、[[菅野美穂]]) を収録したもの。
 
== 映画 ==
[[Image:JRH-Ikutora_station_square.jpg|thumb|200px|「鉄道員(ぽっぽや)」の撮影に使用された'''だるま食堂'''の建物と、キハ40 764の保存車体 [[2007年]][[5月4日]] [[根室本線]][[幾寅駅]]前にて]]
[[1999年]][[6月5日]]、[[東映]]系にて公開された。興行収入は20.5億円。高倉が東映を離れるきっかけとなった[[新幹線大爆破]]でプロデューサーを務めた[[坂上順]](現:東映役員)がかかわり、東映を離れて24年ぶりの『高倉健 復帰作』として、また、当時の人気[[アイドル]]であった[[広末涼子]]の出演が話題となった。
: さらに公開時期に放映されていた、北海道の駅で育った孤児の女性の生き様をテーマとした[[連続テレビ小説]]「[[すずらん (朝ドラ)|すずらん]]」と併せて、[[北海道旅客鉄道|JR北海道]]・[[東日本旅客鉄道|JR東日本]]による[[オレンジカード]]等の販売、両作の撮影協力を発端に、[[SLすずらん号]]運行開始という形で北海道でSLが復活するといった[[タイアップ]]も行われている。
 
映画版は原作をより大きく膨らませている。本編上の時間軸は幌舞線の廃止と乙松が退職を迎える寸前の現代(1994 - 1995年頃)の[[歳末]]から[[正月]]明けにかけてであり、乙松が回想する形式で、かつては[[炭坑]]の町であった幌舞に暮らしてきた人々にもスポットを当てている。
乙松が駅長を勤める「幌舞駅」は、[[根室本線]]の[[幾寅駅]]を改造して撮影された。ただし、該当駅は[[終着駅]]ではなく途中駅であるため、いくらかの細工が施されていた。例えば、模擬の[[鉄道信号機|腕木式信号機]]や[[車止め]]を設置したことなどがあげられる。本線と幌舞線が分岐する[[ターミナル駅]]として登場する'''美寄駅'''は[[滝川駅]]で撮影された。
 
=== キャスト ===
* 佐藤乙松 - [[高倉健]]
** 幌舞線と共に生きてきた鉄道員。[[蒸気機関車]]の[[カマ焚き]]・[[運転士|機関士]]を経て1976年(昭和51年)より幌舞駅長を任じられ、退職を迎える。おっかない性格を自認している。
* 佐藤雪子
** 乙松と静枝が結婚後17年を経て授かった一人娘。両親から可愛がられたが、わずか生後数ヶ月で病死してしまう。乙松は仕事から離れられずに最期を看取れなかった。
* 佐藤静枝 - [[大竹しのぶ]]
** 乙松の妻。乙松と共に駅を支える存在である。しかし体が弱く、暫く子供に恵まれなかった。雪子の没後しばらく経過した現在から2年前に病死するが、乙松は雪子の時と同じく、仕事から離れられずに最期を看取れなかった。
* 3人の少女(佐藤雪子)-)-[[山田さくや]](幼少時)・[[谷口紗耶香]](小学6年生)・[[広末涼子]](高校生)
** 現代の乙松の許へ現れた少女。それぞれ乙松とは違う佐藤家の親族で、[[正月休み]]で遊びに来たと話すが、その正体は…
* 杉浦仙次 - [[小林稔侍]]
** 乙松の同僚。幌舞線の機関士を経て、幌舞線のターミナル駅である美寄駅長に出世。退職後は[[アルファリゾート・トマム|トマム]]の[[ホテル]]へJRの[[コネ]]で[[天下り]]することになっており、乙松にも勇退後の再就職先として誘いに、正月に幌舞駅を訪れる。
* 杉浦明子 - [[田中好子]]
** 仙次の妻。乙松に代わって夫婦で静枝の最期を看取り、乙松を強く責める。
* 杉浦秀男 - [[吉岡秀隆]]
** 仙次と明子の長男。JR北海道の[[北海道旅客鉄道本社|札幌本社]]<ref>本編では[[中央区 (札幌市)]]の[[北海道庁旧本庁舎|赤レンガ]]が窓から見える場所であるが、現実には[[桑園駅]]前にある。</ref>で事務職を勤めている。内示より早く乙松へ幌舞線の廃止を電話で伝えたが、自身は幌舞線で高校へ通ったことから乙松に感謝している。
* 杉浦由美 - [[大沢さやか]]
** 秀男の長女で仙次と明子の初孫。
* 吉岡肇 - [[志村けん]]
** 閉山した[[筑豊]]([[福岡県]])の[[炭鉱]]から、石炭が掘れるからと幌舞へ移住してきた[[期間工]]の炭坑夫。酒癖が悪く、妻と別れており、敏行を満足に育てられなかった。幌舞炭鉱の事故に巻き込まれ帰らぬ人となる。
* 吉岡敏行 - [[松崎駿司]](小学生)
* 加藤敏行 - [[安藤政信]](敏行がムネと[[養子縁組]]したため改姓)
** 肇の長男。父親の死後はムネに育てられ、イタリアへ数年間料理修行をする。
* 加藤ムネ - [[奈良岡朋子]]
** 幌舞駅前で「だるま食堂」を長く営んでいた店主。肇が死去したため敏行を引き取り、育ての母となる。
* 川口 - [[平田満]]
* 飯田 - [[中本賢]]
 
; 主題歌
* 鉄道員 (作詞:[[奥田民生]]、作曲:[[坂本龍一]]、編曲:[[国吉良一]]  歌:[[坂本美雨]])
 
; 挿入歌
* 鉄道員の歌(作詞:降旗康男  作曲:[[佐藤準]])
* [[テネシーワルツ]](静枝が[[ハミング]]する曲)
* [[サウスポー (ピンク・レディー)|サウスポー]](歌:[[ピンク・レディー]])
* [[夢は夜ひらく]](歌:[[藤圭子]]  吉岡肇が歌っていた曲)
 
; 協力
* [[小林酒造]]
 
<references />
{{日本アカデミー賞最優秀作品賞|第23回}}
 
=== 作品 ===
* [[駅 STATION]] - 高倉健(主演)・[[降旗康男]](監督)・[[木村大作]](撮影)のコンビで、北海道各地の駅を舞台にした人間ドラマの[[邦画]](1981年[[東宝]])。映画「鉄道員」は、この作品から18年余を経て同じコンビで製作された点も注目された。
* [[新幹線大爆破]] - この作品を以て高倉は東映を退社し、映画「鉄道員」までの間、東映作品には出演せず、[[東宝]]・[[松竹]]系映画を中心に活躍していた。前述の通り、企画プロデューサーに[[坂上順]]が携わっており、1999年1月発売されたに当作の[[レーザーディスク|LD]]の[[ライナーノーツ]]に、「『鉄道員』という作品で再び高倉さんと仕事が出来ました―」とコメントしている。
* [[すずらん (朝ドラ)]] - NHK[[連続テレビ小説]]として公開当時放送されていた。主人公の一生を炭坑で繁栄衰退した北海道の駅に絡めるという基本プロットが酷似している事から、しばしば「鉄道員」と対比される。
* [[ホタル (映画)]] - 高倉健の映画「鉄道員」の次回作(2001年東映映画)。こちらも高倉健(主演)・[[降旗康男]](監督)・[[木村大作]](撮影)のコンビで製作された。
1,580

回編集