「イタリア王国 (1805年-1814年)」の版間の差分

m (124.255.191.237 (会話) による版を TobeBot による版へ巻き戻し)
ナポレオン・ボナパルトは1804年に[[ピウス7世 (ローマ教皇)|ピウス7世]]により戴冠され、[[元老院 (フランス)|元老院]]によりフランス皇帝と宣言された。イタリア共和国もイタリア王国に変えられ、ナポレオン自身がイタリア王となり、[[ミラノのドゥオーモ]]の内部で1805年5月26日に戴冠した。そして、ナポレオンを盲目的に信頼し、自身の政治的目的の追求を恐れない養子の[[ウジェーヌ・ド・ボアルネ]]がイタリア副王に任命された。
 
[[1809年]]には[[ゴリツィア]]と[[トリエステ]]、[[イストリア]]、[[ダルマツィア]]、カッターロ湾は王国からはずされ、[[リュブリャナ]]を都とするイリュリア県としてフランスの支配下となった。
 
===崩壊===