「サンドロ・コルテセ」の版間の差分

m
カナ表記見直し
(画像追加)
m (カナ表記見直し)
前年の活躍が評価され、{{MGP|2008}}にはファクトリーマシンの[[アプリリア・RSA125]]が与えられた。シーズン序盤は若干苦戦したものの、第6戦[[イタリアグランプリ (ロードレース)|イタリアGP]]で8位に入って以降は、全てのレースで1ケタ順位でのフィニッシュを成し遂げた。第16戦[[オーストラリアグランプリ (ロードレース)|オーストラリアGP]]ではレースをリード中に転倒したものの、復帰して6位でフィニッシュ、第17戦[[マレーシアグランプリ (ロードレース)|マレーシアGP]]では予選18番手からのスタートになったものの、ファステストラップを叩き出してこのシーズン最高位となる4位に入賞した。結局このシーズン、コルテセは125ccクラスライダー中唯一となる全戦完走を達成し、第4戦[[中国グランプリ (ロードレース)|中国GP]]以外ではポイントを獲得、シリーズランキング8位に入る活躍を見せた。
 
{{MGP|2009}}シーズンは、前年にチャンピオンの[[マイク・ディ・メッリオ]]を輩出した[[フィンランド]]の[[アジョ・モータースポーツ]]チームに移籍し、[[ドミニク・エジャーター]]をチームメイトに[[デルビ]]・RSA125(同じ[[ピアジオ]]傘下のアプリリアと同じマシン)を駆ることになった。開幕戦[[カタールグランプリ|カタールGP]]でいきなり自身初の表彰台(3位)に立ち、第7戦[[ダッチTT]]では初のポールポジションを獲得、第14戦ポルトガルGPでは[[ブラッドリー・スミス]]と優勝争いを展開して2位表彰台を獲得するなどの活躍を見せ、シリーズ6位を記録した。
 
{{MGP|2010}}、コルテセはアジョに残留し、前年一杯でGPから撤退した[[KTM (オートバイ)|KTM]]ワークスに所属していた[[マルク・マルケス]]をチームメイトに迎える。
6,614

回編集