「得川氏」の版間の差分

編集の要約なし
|支流=
}}
'''得川氏'''(えがわし、とくがわし)は、[[平安時代]]末から[[鎌倉時代]]初め頃の[[上野国]]の豪族。[[清和源氏]][[新田氏]]の一族。[[新田義重]]の四男・[[得川義季|義季]]とその子である[[得川頼有]](下野守、下野四郎太郎)を祖とする。[[新田郡]]([[新田荘]])[[得川郷]]<ref>義季の得川郷領有に関しては、父親である新田義重やその妻である母親からの譲渡を示す史料は存在しない。父親からの伝領は押切・世良田・三木・上平塚・下平塚であった。 また、新田荘の成立過程で『得川郷』なる地名は存在せず、義季の開発によって出現した可能性が高い。</ref>(現在の[[群馬県]][[太田市]]徳川町、旧新田郡[[尾島町]]徳川)に拠っを[[本貫]]とした。書によっては'''得河・徳河・徳川'''とも表記される。
 
「得川」は本来は「えがわ」と読んでいたが、後に「とくがわ」と読むようになる。同族の[[世良田氏]]とは、始祖の義季の名乗りの関係から系譜上の位置づけに諸説ある。
525

回編集