「板倉氏」の版間の差分

編集の要約なし
'''板倉氏'''(いたくらし)は、[[日本]]の[[氏族]]の一つ。通し字は'''「勝」'''、'''「重」'''
 
[[渋川義顕]]([[足利泰氏]]の次男)を源に辿る。義顕は当初は[[足利庄]]の板倉の地を領して[[本貫]]とし、板倉二郎と称したことで知られ、また、[[室町時代]]の[[渋川義鏡]]の[[代官]]に板倉姓の人物が見えるなど([[板倉頼資]])、板倉姓は渋川氏と縁が深い姓である。
 
三河の板倉氏は、義鏡の子孫で三河に流れた[[板倉頼重]]が祖とされ、頼重・[[板倉好重|好重]]父子は[[深溝松平家|深溝松平氏]]に仕える。頼重の孫が、のちに[[京都所司代]]になり、[[大名]]に取り立てられた[[板倉勝重]]である。勝重の父[[板倉好重]]が[[1561年]]の[[善明提の戦い]]で戦死、さらに[[1581年]]には[[高天神城の戦い]]で板倉家の家督を継いでいた[[弟]]の[[板倉定重|定重]]が戦死。このため勝重が還俗し、家康に仕えると吏僚として活躍した。
525

回編集