「穴山氏」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 来歴 ==
[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]に甲斐[[武田氏]]当主の[[武田信武]]の子の[[穴山義武|義武]]が[[巨摩郡]][[逸見郷]][[穴山村]]([[山梨県]][[韮崎市]])を[[本貫]]とし、穴山氏を称したのが始まりとされる。一説に、既に在地豪族の穴山氏が存在しており、当時、武田氏と勢力を二分していた[[逸見氏]]に対抗する必要から、義武を同氏に[[養子縁組|養子]]として送りこんだとする説もある。
 
[[1416年]]の[[上杉禅秀の乱]]を受け、[[鎌倉公方]][[足利持氏]]によって守護[[武田信満]]が討伐された結果、武田氏は離散し、信満の弟[[穴山満春]]とその嫡子[[穴山信重|信重]]は、持氏の討伐を恐れて[[高野山]]に逃れ、甲斐国は[[鎌倉府]]方の国人[[逸見有直]]に押領されるところとなった。守護不在の混乱を受け、満春は還俗して[[穴山満春|武田信元]]と名乗って守護として帰国したものの、情勢は不穏で、信元は信満の子[[武田信長]]の支援を得て逸見氏に対抗した。満春の後継は[[武田信重]]の子[[穴山信介]]で、信介の代に河内領に入ったとされる。
525

回編集