「市河氏」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 出自 ==
市河氏の出自については、複数の説が存在する。江戸時代に編纂された『[[甲斐国志]]』には[[甲斐国]][[巨摩郡]][[市河荘]]([[山梨県]][[市川三郷町]]、旧[[市川大門町]])を[[本貫|本貫地]]とする一族とされているが、江戸時代に市河氏が仕えた[[上杉家]]の記録「[[米府鹿子]]」によると、「[[滋野氏]] 本領信濃」とされている。また、[[桓武平氏]][[城氏 (平氏)|城氏]]の流れとする説もある。
 
なお、[[鎌倉時代]]末期に[[足利尊氏|足利高氏]]軍に参じた市河助房は「神」と署名していることから、この時期は[[諏訪神党]]に属していたと考えられ、戦国時代の市河信房が藤原姓を称した記録も残されている。
 
== 概略 ==
鎌倉初期から[[吾妻鏡]]などの資料に、[[御家人]]として市河五郎や市河高光などの名が見える。この[[市河高光]]は甲斐の市河荘を[[本貫|本貫地]]とし、信濃国[[船山郷]](現在の[[長野県]][[千曲市]])に領地を持っていた事が明らかとなっている。
 
その後、鎌倉中期に信濃国志久見郷(長野県下高井郡北部)の[[地頭]]職を得た[[市河重房]]は、その地を実質的に支配する[[中野忠能]]と縁戚関係を結び、最終的に中野氏を被官化することで志久見郷を掌握したと考えられている。ただ、市河重房と前述の市河高光の関係は、未だ判明していない。
525

回編集