「小出氏」の版間の差分

編集の要約なし
'''小出氏'''(こいでし)は、日本の氏族の一つ。
 
小出氏の出自は[[藤原南家]][[二階堂氏]]流とされ、発祥[[本貫]]の地は[[信濃国|信濃]]伊那とされる。[[安土桃山時代]]、[[江戸時代]]に[[大名]]となった小出氏は、上述の小出氏の子孫が[[尾張国|尾張]]中村に流れてきたものとされるが定かではない。[[小出秀政]]が[[豊臣秀吉]]の母方の縁者として大名に取り立てられ、秀吉没後の[[関ヶ原の戦い]]では西軍に属したが、秀政の一子遠江守[[小出秀家|秀家]]が東軍に属したため[[改易]]を免れ、[[江戸時代]]も大名として存続した。
 
==系図==
525

回編集