「牛丸氏」の版間の差分

編集の要約なし
m (脱字修正)
'''牛丸氏'''(うしまるし)は日本の[[武家]]のひとつ。[[本姓]]は[[平氏]]。
 
[[飛騨国]][[大野郡 (岐阜県)|大野郡]]牛丸邑発祥のを[[本貫]]とする一族で同地方の[[豪族]]・[[国人]][[領主]]。[[小鷹利城|小鷹利]][[城主]]の[[家柄]]。同じく平氏の血筋をひく有力豪族 [[江馬氏]]の当主 江馬輝盛と合戦に及びその勢力拡大を阻んできたという。しかし[[天正]]11年([[1583年]])、同じく飛騨に強力な勢力を築いた鍋山城主 [[姉小路頼綱]]、高堂城主 [[広瀬宗域]]により攻められ、なおも生き残った牛丸氏の[[嫡流]] [[牛丸親綱|牛丸又右衛門親綱]]は翌年天正12年([[1584年]])、[[織田信長]]の家臣で越中国を支配していた[[佐々政政|佐々陸奥守成政]]の下に逃れるものの追い払われ越前国に向かった。織田家臣 [[金森長近|金森兵部大輔長近]]の家臣となった。天正13年([[1585年]])、金森長近が飛騨を攻めるとその先鋒となり、小鷹利城を奪還、[[関白]][[豊臣秀吉]]から3,000石を賜る。
一方、一族の[[牛丸重勝|牛丸兵左衛門重勝]]と弟 [[牛丸久永|市郎右衛門久永]]は浪人し関東に逃れ、常陸国の[[戦国大名]] [[佐竹義宣 (右京大夫)|佐竹右京大夫義宣]]の家臣となったという。その後、久永は佐竹家臣 [[安島氏]]の当主 [[安島采女]]が死に、その妻が[[寡婦|未亡人]]となったので、これを妻とし、妻の連れ子である[[安島信次|安島吉兵衛信次]]を養育する。久永は妻との間に[[牛丸久吉|牛丸伝次久吉]]を儲けるが、主家が[[関ヶ原の戦い]]において、減封の上、[[久保田藩|秋田]][[転封]]となったので、これに随従し秋田に下るという。
 
525

回編集