「今川氏」の版間の差分

m (ロボットによる 追加: ca:Clan Imagawa)
== 家伝 ==
=== 鎌倉時代 ===
[[足利義氏 (足利家3代目当主)|足利義氏]]の庶長子として吉良家を興した[[吉良長氏]]の2男である[[今川国氏|国氏]]が、吉良氏の所領から[[三河国|三河]][[幡豆郡]]今川荘(いまがわのしょう、現在の[[愛知県]][[西尾市]]今川町周辺)を分与されて[[本貫]]とし、'''今川四郎'''を称したのに始まる(あるいは国氏は長氏の甥で、養子になったとも言う)。現在、西尾市今川町には愛知県によって建てられた今川氏発祥地の石碑がある。
 
吉良氏・今川氏の祖であった[[吉良長氏|長氏]]は、[[足利家]][[惣領]]を継いだ[[足利泰氏|泰氏]]の兄にあたることから、[[吉良氏]]に次ぐ足利一門として重きをなし、渋川氏・石橋氏・本家(吉良氏)とともに「御一家」と称されて別格の扱いを受けたことや、「'''御所が絶えれば吉良が継ぎ、吉良が絶えれば今川が継ぐ'''」という序列観が人々の間に定着したのも、こうした背景があってのことであった。しかし実際には、足利将軍家には鎌倉公方、古河公方、堀越公方などの別家が多くあり、吉良氏が足利本家を継げる可能性は低かった。
525

回編集