「はいぱぁナイト」の版間の差分

編集の要約なし
 
[[1989年]]4月に[[ミュージックステーション (ラジオ番組)|ミュージックステーション]]の後番組として開始。
毎週月-金(後に1995年春改編から月-木)の22:00-24:00に放送。ただし、ナイター中継が伸びた場合は
放送時間が短縮された(1990年度までは試合終了まで放送の為、はいぱぁナイトの放送自体が無くなる
場合もあった。1991年以降は最大22:30までとなり、最低1時間の枠は確保されるようになった)。
[[1996年]]3月に終了。後番組は[[ハイヤングKYOTO (第二期)]]。
 
KBS京都ラジオの深夜放送は、好評を博した[[ハイヤングKYOTO (第一期)]]終了後、[[フリーキャンパスKYOTO]]や
[[フリーキャンパスKYOTO]]、ミュージックステーションで新機軸を打ち出すもリスナー離れは激しく聴取率は低迷を極めた。
リスナーに受け入れられず、聴取率的にも苦戦を強いられていた。
 
そこで、はいぱぁナイトでは、それまでのKBS京都本社からの生放送を改め、東京・原宿スタジオ
東京・原宿スタジオ(実はマンションの一室を借りた外注の番組制作会社スタジオ)からの放送となった。
これにより、[[パーソナリティ]]の人材に選択肢が広がり、更には東京の
ゲストが呼び易くなる等の利点があった。<br>
東京発の放送には、近畿圏のリスナーとの距離感があるというデメリットがあったが、
リスナー参加型のコーナーに力を入れる、頻繁に京都での公開イベントを行うなどして、
極力距離感を埋める努力を行った。<br>
さらに、パーソナリティに[[冨永みーな]]や[[日高のり子]]を迎えて[[アニメファン]]層をリスナーに
取り込む事に成功、[[アニラジ]]ブームの先駆けの一つとなった。それ以外のパーソナリティー陣も
各曜日毎の強い個性を打ち出す事に成功し、これによりKBS京都の深夜ラジオはリスナーからの支持を
取り戻した。
 
東京発の放送には、実際の放送エリアである近畿圏のリスナーとの距離感があるというデメリットがあったが、
この頃既にAMラジオは若者文化としては時代遅れになっていたが、はいぱぁナイトは言わば、
リスナー参加型のコーナーに力を入れる、たり頻繁に京都での公開イベントやバスツアー等を行うなどして、極力距離感を埋める努力を行った。
最後の光芒となったのである。22:00台とは思えないほどのほのぼの感が全パーソナリティーに
通暁し、バスツアーや各種ゲーム大会まで企画された。
 
さらに、パーソナリティに[[冨永みーな]]や[[日高のり子]]を迎えて[[アニメファン]]層をリスナーに取り込む事に成功、
しかし、KBS京都が[[イトマン事件]]に端を発する経営危機に直面し、1994年9月に会社更生法の
取り込む事に成功、[[アニラジ]]ブームの先駆けの一つとなった。それ以外のパーソナリティー陣も各曜日毎の強い個性を打ち出す事に成功し、
適用を受ける事になったのに伴い、はいぱぁナイトは東京からの放送でスタジオ使用料や中継回線
各曜日毎の強い個性を打ち出す事に成功し、これによりKBS京都の深夜ラジオはリスナーからの支持を取り戻した。
等のコストがかかるとして翌年春の改編で金曜枠が打ち切られ、更に1996年春改編をもって
 
ハイヤングKYOTO (第二期)に取って代わられた。
しかし、KBS京都が[[イトマン事件]]に端を発する経営危機に直面し、1994年9月に会社更生法の適用を受ける事になったのに伴い、
はいぱぁナイトは東京からの放送でスタジオ使用料や中継回線等のコストがかかるとして翌年春の改編でまず金曜枠が打ち切られ、更に1996年春改編をもって
更に1996年春改編をもってハイヤングKYOTO (第二期)に取って代わられた。但し日高のり子と杉原徹はそのまま続投となった。
 
この頃既にAMラジオは若者文化としては時代遅れになっていたが、はいぱぁナイトは言わばその最後の光芒となったのである。
 
==主な担当パーソナリティ==
匿名利用者