「本貫」の版間の差分

編集の要約なし
'''本貫'''(ほんがん、うぶすな)は古代[[東アジア]]において[[戸籍]]の編成(貫籍)が行われた土地をいう。転じて、氏族集団の発祥の地を指すようになった。
 
[[日本]]には[[律令制]]下の[[古代日本の戸籍制度|戸籍制度]]とともに概念が導入された。中世以降、[[武家]]の[[名字]](苗字)の由来となった土地(名字の地)を「本貫」、「本貫地」と呼ぶようになった。
 
== 関連項目 ==
* [[本姓氏神]]
*[[本姓]]
*[[本籍]]
*[[戸籍]]
 
{{DEFAULTSORT:ほんかん}}
525

回編集