「KML」の版間の差分

(Keyholeの名の由来について、統合前の説明をふたたび加えた)
 
== KML文書 ==
KML文書はテキスト形式で、[[Google Earth]]や[[Google Maps]]、[[Google Mobile]]で表示する要素(目印、イメージ、ポリゴン、3次元モデル、説明など)を記述する。3次元モデルは[[COLLADA]]形式で記述することができる。各地点は、常に[[緯度右手系]][[経度]]情報を持つ。それ以外に、"カメラ・ビュー"を構成するのに必要な[[ティルト]]、カメラの向き、高度など、より詳細なデータを記述することもできる。KMLは[[Geography Markup Language|GML]]と同様の文法構造を持つ[http://geoweb.blog.com/313918/]。KMLで記述された情報の一部は、Google MapsやGoogle Mobileで表示することができない[http://maps.google.com/support/bin/answer.py?answer=41136&topic=1475]。
 
KMLファイルは、.kmlという[[拡張子]]を持つ[[テキストファイル]]であり、しばしば[[データ圧縮|ZIPで圧縮]]された.kmzという拡張子を持つ'''KMZ'''ファイルとして頒布される。KMZファイルを解凍すると、"doc.kml"というファイルが一つと、そのファイル中で参照されているオーバーレイ用のイメージ・ファイルやアイコン用のイメージファイルなどが出てくる。
匿名利用者