「アウグステ・ヴィクトリア・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=アウグステンブルク」の版間の差分

編集の要約なし
{{otheruses|ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の皇后|ポルトガル王マヌエル2世の妻|アウグステ・ヴィクトリア・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン}}
[[ファイル:Auguste victoria axb01.jpg|thumb|アウグステ・ヴィクトリア皇后]]
'''アウグステ・ヴィクトリア'''(Auguste Victoria, [[1858年]][[10月22日]] - [[1921年]][[4月11日]])は[[ドイツ国|ドイツ]]皇帝および[[プロイセン|プロイセン]][[ヴィルヘルム2世 (ドイツ皇帝)|ヴィルヘルム2世]]の妃。全名はアウグステ・ヴィクトリア・フリーデリケ・ルイーゼ・フェオドラ・イェニー・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=アウグステンブルク(Auguste Victoria Friederike Luise Feodora Jenny von Schleswig-Holstein-Sonderburg-Augustenburg)。
 
[[デンマーク]]王家である[[オルデンブルグ朝|オルデンブルク家]]の分家の一つ、[[アウグステンブルク家|シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=アウグステンブルク公爵家]]の家長[[フリードリヒ8世・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン|フリードリヒ8世]]と妃[[アーデルハイト・ツー・ホーエンローエ=ランゲンブルク|アーデルハイト]]の長女として生まれた。フリードリヒ8世は1863年に[[シュレースヴィヒ公国]]および[[ホルシュタイン公国]]の君主となることを宣言したが、第二次[[シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争]]の後の1866年に両公国は[[プロイセン王国]]に併合されていた。
匿名利用者