「フリードリヒ・ヴィルヘルム (ブランデンブルク選帝侯)」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 変更: hu:Frigyes Vilmos brandenburgi választófejedelem)
[[ファイル:Kurfürst Friedrich Wilhelm von Brandenburg 2.gif|thumb|200px|フリードリヒ・ヴィルヘルム([[1652年]])]]
[[ファイル:Frans Luycx 011.jpg|thumb|200px|フリードリヒ・ヴィルヘルム]]
'''フリードリヒ・ヴィルヘルム'''('''Friedrich Wilhelm''', [[1620年]][[2月16日]] - [[1688年]][[5月9日]])は、[[ブランデンブルク辺境伯統治者の一覧|ブランデンブルク選帝侯]]および[[プロシア公領イセン統治者の一覧|プロイセン公]](在位:[[1640年]][[12月1日]] - 1688年5月9日)。[[プロシア公領|プロイセン公国]]を[[ポーランド王国|ポーランド]]支配から解放し、[[フェールベリンの戦い]]などに勝利して領内から[[スウェーデン]]勢力を駆逐したため'''大選帝侯'''(der große Kurfürst)と称えられる。
 
== 生涯 ==
フリードリヒ・ヴィルヘルムは1620年2月16日、[[ベルリン]]近郊のケルンでブランデンブルク選帝侯[[ゲオルク・ヴィルヘルム (ブランデンブルク選帝侯)|ゲオルク・ヴィルヘルム]]とその妃である[[ライン宮中伯|プファルツ選帝侯]][[フリードリヒ4世 (プファルツ選帝侯)|フリードリヒ4世]]の娘シャルロッテの間に生まれた。[[1627年]]、[[三十年戦争]]から逃れて[[キュストリン]]に移り、[[1634年]]から[[1638年]]まで[[ネーデルラント連邦共和国]]に遊んだ。
 
[[1640年]]、父の死去にともなってフリードリヒ・ヴィルヘルムは弱冠20歳でブランデンブルク選帝侯となる。[[1642年]]、[[グスタフ2世アドルフ (スウェーデン王)|グスタフ2世アドルフ]]の娘で16歳の従妹、[[スウェーデン]]女王[[クリスティーナ (スウェーデン女王)|クリスティーナ]]に求婚するが、この縁談は破談となった。彼女が[[カトリック教会|カトリック]]に同情的であったためと思われる。[[1643年]]に初めて[[ベルリン]]を訪れ、臣下から忠誠の誓いを受ける。[[1646年]]、フリードリヒ・ヴィルヘルムは母の従妹[[ルイーゼ・ヘンリエッテ・フォン・オラニエン|ルイーゼ・ヘンリエッテ]]([[オランダ総督]]、[[オランジュ|オラニエ]][[フレデリック・ヘンドリック (オラニエ公)|フレデリック・ヘンドリック]]の娘)と結婚し、[[クレーフェ]]に移った。
 
[[1653年]]、フリードリヒ・ヴィルヘルムは地方議会から課税権の承認を受け、常備軍の設置に必要な税制の整備を始めた。クレーフェやプロイセンでも反対を受けつつ課税は成功し、この後の戦いを勝ち抜くための基礎となった。
 
[[1655年]]、プロイセン公国の[[宗主国]]をポーランドからスウェーデンへと替えたフリードリヒ・ヴィルヘルムは翌[[1656年]]、[[ワルシャワの戦い]]でスウェーデンと共に戦ってポーランド=[[ロシア・ツァーリ国|ロシア]]連合軍を破り、リビアウ条約でプロイセンの主権を獲得した([[大洪水時代]])。しかしプロイセンの支配権を安定させるため、選帝侯はその後もしばしば同盟の相手を変えながら、[[ユトランド半島|ユトランド]]や前[[ポメラニア|ポンメルン]]を転戦する。[[1660年]]の[[北方戦争における諸条約|オリヴァー条約]]でフリードリヒ・ヴィルヘルムは最終的な支配権を獲得し、[[ケーニヒスベルク (プロイセン)|ケーニヒスベルク]]で起こった暴動も鎮圧して住民に忠誠を誓わせた。この時点でプロイセンはポーランドとスウェーデンの宗主下から脱し、[[公国]]は自立した。[[選帝侯]]としては[[神聖ローマ皇帝]]の臣下であったが、すでに[[ブランデンブルク=プロイセン]]は北東ヨーロッパにおける地位を築いていた。
 
[[ファイル:Kurfürst Friedrich Wilhelm von Brandenburg 4.jpeg|left|230px|thumb|フリードリヒ・ヴィルヘルム大選帝侯]]
[[1685年]]10月29日、フリードリヒ・ヴィルヘルムは[[ポツダム勅令]]を発し、[[フォンテーヌブローの勅令|ナントの勅令廃止]]によってフランスから流入した[[ユグノー]]難民に避難所を与えた。この勅令によって[[ブランデンブルク辺境伯|ブランデンブルク辺境伯領]]には2万の難民が移住し、そのうち5千はベルリンに住み、[[フランス王国|フランス]]の高度な技術や文化をブランデンブルクに伝えた。
 
フリードリヒ・ヴィルヘルム大選帝侯は[[1688年]]5月9日に[[ポツダム]]で没し、[[フリードリヒ1世 (プロイセン王)|フリードリヒ3世]](後の[[プロイセン|プロイセン王]]フリードリヒ1世)が後を継いだ。大選帝侯が残した常備軍の兵力は3万に上り、その税制や、移民を受け入れる宗教的寛容とともに後の[[プロイセン王国]]を築く基礎となった。
 
==子女==
*[[グローサー・クーアフュルスト (戦艦)]] - [[ドイツ海軍]]の[[ケーニヒ級戦艦]]
 
{{先代次代|[[ブランデンブルク辺境伯統治者の一覧|ブランデンブルク選帝侯]]<br/>[[プロイセン統治者の一覧|プロイセン公]]|1640年 - 1688年|[[ゲオルク・ヴィルヘルム (ブランデンブルク選帝侯)|ゲオルク・ヴィルヘルム]]|[[フリードリヒ1世 (プロイセン王)|フリードリヒ3世]]}}
 
{{DEFAULTSORT:ふりいとりひういるへるむ}}
匿名利用者