「忘却曲線」の版間の差分

編集の要約なし
m (wikify +de+en)
編集の要約なし
'''忘却曲線(ぼうきゃくきょくせん)'''は[[長期記憶]]の[[忘却]]を表す曲線である。[[心理学者]]の[[ヘルマン・エビングハウス]]によって導かれた。エビングハウスは自ら、母音・子音・母音・子音から成り立つ無意味な音節(例えばrit,pek,tasなど)を記憶しその再生率を調べ、この曲線を導いた。
 
== 結果 ==
== 考察 ==
[[記銘]]してから1日の間に急激な忘却が起こるが、その後の忘却はゆるやかに起こる。
この実験で使用されたのは相互に関連を持たない無意味な音節であり、学問などの体系的な知識ではよりゆっくりと忘却が起こると考えられる。また再認可能な忘却と完全忘却を区別していないという批判もある。
 
== 関連項目 ==
*[[記憶]]
*[[忘却]]
匿名利用者