「覚猷」の版間の差分

m
推敲
(平安後期に日本仏教界の頂点を極めた人物。漫画の祖として有名。)
 
m (推敲)
'''覚猷'''('''かくゆう'''、[[1053年]]([[天喜]]1)-[[1140年]]([[保延]]6))は、[[平安時代]]後期の[[天台宗|天台]]僧。'''鳥羽僧正'''(とばそうじょう)と世に呼ばれ、大寺社日本仏教界重職歴任し務めた高僧であるのみならず、絵画にも精通し、[[鳥獣人物戯画]]などの作者に擬せられている。そのユニークでユーモアあふれる作風から、[[漫画]]の始祖とされることもある。
 
== 経歴 ==
覚猷は、[[1053年]]に[[源隆国]]の第9子として出生。若年時に出家し、[[園城寺]]にて天台仏教・[[密教]]を修めながら、画技にも長じるようになった。ながらく園城寺法輪院に住し、密教図像の集成と絵師の育成に大きな功績を残したほか、自らの画術研鑽にも努めた。
 
[[四天王寺]]別当、[[法成寺]]別当、園城寺長吏など大寺社の要職を歴任する間、[[1032年]]には[[僧正]]へ、[[1034年]]には[[大僧正]]へ任じられた。[[1038年]]、47世[[座主|天台座主]]となったが3日で退任し、厚い帰依を寄せていた[[鳥羽天皇|鳥羽上皇]]が住む[[鳥羽離宮]]の証金剛院へ移り、同離宮の護持僧となった。以後、鳥羽僧正と呼ばれた。
 
[[1038年]]、47世[[座主|天台座主]]となったが3日で退任し、厚い帰依を寄せていた[[鳥羽天皇|鳥羽上皇]]が住む[[鳥羽離宮]]の証金剛院へ移り、同離宮の護持僧となった。以後、鳥羽僧正と呼ばれた。
 
保延6年(1140)[[9月15日 (旧暦)|9月15日]]、覚猷は90歳近い高齢で死去した。その際、弟子から遺産分与に関する遺言を求められ、「遺産の処分は腕力で決めるべし」と遺したと伝えられている。
 
== 覚猷の人物像・戯画 ==
覚猷の画は、ユーモアと風刺精神に富んでおり、戯画と呼ばれる。遺言の逸話が示すように、覚猷自身、笑いのセンスに長けた人物のようであり、『[[宇治拾遺物語]]』にも覚猷のいたずら好きで無邪気な人柄が描かれている。また、覚猷は仏教界の要職を歴任しながら、当時の仏教界と政治のあり方に批判的な眼を持っていたともされている。
 
国宝『[[鳥獣人物戯画]]』、『[[放屁合戦]]』、『[[陽物くらべ]]』などが伝鳥羽僧正作とされている。いずれも一見単純な明るい笑いの画であるように見えでありながら、深い批判精神を含む作品群であり、鳥羽僧正の作に擬せられている。ただし実のところ、美術史学上、覚猷をこれらの絵画の作者とする確証はないとされている。ただしこれら一方で、絵画は覚猷が作者一人であ画風をよく表してい可能性否定されていなわれ、鳥獣人物戯画の一部を覚猷の筆とする見解もある
 
== 関連項目 ==
5,749

回編集