「ハプスブルク=ロートリンゲン家」の版間の差分

編集の要約なし
[[ファイル:Wappen Habsburg-Lothringen Schild.svg|thumb|ハプスブルク=ロートリンゲン家の紋章]]
'''ハプスブルク=ロートリンゲン家'''([[ドイツ語|独]]:Haus Habsburg-Lothringen)は、[[ロレーヌ家]]出身の[[神聖ローマ皇帝]]兼[[トスカーナ大公国|トスカーナ大公]](元[[ロレーヌ公]])[[フランツ1世 (神聖ローマ皇帝)|フランツ・シュテファン(フランツ1世)]]と[[ハプスブルク家]]の[[オーストリア大公]]兼[[ハンガリー王一覧|ハンガリー]]・[[ボヘミア王国君主一覧|ボヘミア女王]][[マリア・テレジア]]夫妻に始まる家系。
 
神聖ローマ皇帝[[カール6世 (神聖ローマ皇帝)|カール6世]]は男子に恵まれず、長女マリア・テレジアの婿としてロレーヌ公フランツ・シュテファンを迎えて帝位を継がせた。従ってハプスブルク家はマリア・テレジアの代で男系が絶えており、以後はハプスブルク=ロートリンゲン家と呼ぶのが正しい。実際、現在でもハプスブルク家の正式名称はハプスブルク=ロートリンゲン家である。これは[[紋章]]にも表れており、そこには[[神聖ローマ帝国|帝国]]の[[双頭の鷲]]とともに[[ロレーヌ公国|ロレーヌの公章]]も描かれている。
=== ロレーヌ家 ===
{{See also|:en:House of Lorraine|ロレーヌ公}}
[[ロレーヌ家]]は、現在は[[フランス]]の[[ドイツ]]との国境地帯にある[[ロレーヌ地域圏|ロレーヌ地方]]を統治した公爵家である。ロレーヌは古の[[ロタリンギア]]に由来し、[[カロリング朝]]期には[[フランク王国]]の心臓部とも言うべき場所であった。従って領域は小さいものの、地理的には非常に重要な位置にあるため、その帰属を巡って紛争が絶えなかった。[[15世紀]]には[[ブルゴーニュ公国|ブルゴーニュ]]の[[シャルル (ブルゴーニュ公)|シャルル突進公]]が自領の間に挟まったロレーヌの併合を企てたが、[[ナンシーの戦い]]に敗れて自身と[[ブルゴーニュ公国]]の破滅を招いた。この戦いで突進公を敗死させたロレーヌ公[[ルネ2世 (ロレーヌ公)|ルネ2世]]は、フランツ・シュテファンの直接の先祖である。ルネ2世は母方の[[ヴァロワ=アンジュー家]]から公位を継承しているが、父方のヴォーデモン家は母方の祖母[[イザベル (ロレーヌ女公)|イザベル]]女公まで続いていたロレーヌ家(シャトノワ家)の傍系であり、以後フランツ・シュテファンまでの歴代のロレーヌ公はこの家系から出た。また、ルネ2世の次男[[クロード (ギーズ公)|ギーズ公クロード]]に始まる分枝のギーズ家は、[[ヴァロワ朝]]後期に[[フランス王国|フランス]]で権勢を振るった。
 
1670年から1714年の間にロレーヌは2度[[フランス王国君主一覧|フランス王]][[ルイ14世 (フランス王)|ルイ14世]]に占領されており、ロレーヌ公の一族はオーストリアへ亡命してハプスブルク家の皇帝に仕えた。元来ロレーヌ家はフランス王家との関係が強かったが、これ以後はハプスブルク家との関係を深めた。[[シャルル5世 (ロレーヌ公)|シャルル5世]]は在位中に公国を統治できず名目のみに終わったロレーヌ公であるが、皇帝[[フェルディナント3世 (神聖ローマ皇帝)|フェルディナント3世]]の娘[[エレオノーレ・マリア・ヨーゼファ・フォン・エスターライヒ|エレオノーレ]]と結婚し、嗣子[[レオポルト (ロレーヌ公)|レオポルト]]をオーストリア領内でもうけている。レオポルトは1697年の[[レイスウェイク条約]]でロレーヌを一旦返還され、翌1698年にルイ14世の姪[[エリザベート・シャルロット・ドルレアン|エリザベート・シャルロット]]と結婚した。フランツ・シュテファンは2人の間の息子である。
 
フランツ・シュテファンはロレーヌ家の当主であり、皇帝フェルディナント3世とフランス王[[ルイ13世 (フランス王)|ルイ13世]]の曾孫でもあった。マリア・テレジアとは恋仲であったが、結婚とともに帝位継承者となるに際して、その国際的承認と引き換えにロレーヌをフランス王[[ルイ15世 (フランス王)|ルイ15世]]に譲渡しなければならなかった。ルイ15世はロレーヌ公位を舅の元[[ポーランド王国君主一覧|ポーランド王]][[スタニスワフ・レシチニスキ]]に与え、その死後にフランス王領へ併合した。代償としてフランツは[[トスカーナ大公国]]の大公位を継承した。
 
=== オーストリア継承戦争 ===
{{See also|オーストリア継承戦争|ハプスブルク君主国}}
[[神聖ローマ皇帝]][[カール6世 (神聖ローマ皇帝)|カール6世]]は帝位および家督を継がせる男子を得られず、同族にも後継者たり得る男子がなかったため、娘[[マリア・テレジア]]を相続人として[[ハプスブルク君主国|ハプスブルク家領]]および[[ボヘミア王国|ボヘミア]]や[[ハンガリー王国|ハンガリー]]の王位、[[オーストリア大公]]位などを継がせ、帝位にはその夫のロレーヌ公[[フランツ1世 (神聖ローマ皇帝)|フランツ・シュテファン]]を就かせることを取り決めた。そして、[[国事勅書]]を発して[[神聖ローマ帝国]]の諸侯に承認させた。
 
カール6世が1740年に没すると、[[プロイセン|プロイセン]][[フリードリヒ2世 (プロイセン王)|フリードリヒ2世]]、[[バイエルン大公|バイエルン選帝侯]][[カール7世 (神聖ローマ皇帝)|カール・アルブレヒト]]、[[ポーランド王国|ポーランド]]王兼[[ザクセン公国君主一覧|ザクセン選帝侯]][[アウグスト3世 (ポーランド王)|アウグスト3世]]らがルイ15世と同盟を結び、先の取り決めを無視して領土の割譲や帝位を要求し、[[オーストリア継承戦争]]が勃発した。カール・アルブレヒトとアウグスト3世はそれぞれカール6世の兄[[ヨーゼフ1世 (神聖ローマ皇帝)|ヨーゼフ1世]]の娘(マリア・テレジアの従姉)[[マリア・アマーリエ・フォン・エスターライヒ|マリア・アマーリエ]]と[[マリア・ヨーゼファ・フォン・エスターライヒ (1699-1757)|マリア・ヨーゼファ]]を妃としており、妻の相続権を主張していた。この戦争によって[[ハプスブルク君主国|オーストリア]]はフリードリヒ2世に[[シレジア]]を奪われ、またカール・アルブレヒトがボヘミアを一時占領した上に皇帝[[カール7世 (神聖ローマ皇帝)|カール7世]]として戴冠した。しかしマリア・テレジアの下でオーストリアは反撃に転じ、シレジアを取り戻すことはできなかったものの、ボヘミアから[[バイエルン選帝侯領|バイエルン]]を撃退し、カール7世がわずかな在位期間ののち1745年に没すると、フランツ・シュテファンがフランツ1世として皇帝位に就いた。以後、神聖ローマ皇帝位は帝国の解体までフランツ1世、およびフランツ1世とマリア・テレジアの間の子、孫によって継承された。
 
=== ブルボン家との同盟 ===
=== オーストリア皇帝家 ===
{{See also|オーストリア皇帝}}
ハプスブルク=ロートリンゲン家の宗家にあたる。[[神聖ローマ皇帝]]・[[オーストリア大公]]の他に[[ハンガリー王一覧|ハンガリー王]]、[[ボヘミア王国君主一覧|ボヘミア王]]も兼ねていた。[[神聖ローマ帝国]]は1806年に解体し、[[フランツ2世 (神聖ローマ皇帝)|フランツ2世]]は帝位を降りたが、これに先立つ1804年から[[オーストリア皇帝]]フランツ'''1世'''を称しており、以後はこの皇帝位が[[オーストリア=ハンガリー帝国]]の滅亡まで継承された。これらの帝位および王位はフランツ・シュテファンとマリア・テレジアの夫妻から最後の[[カール1世 (オーストリア皇帝)|カール1世]]まで7代にわたって継承されたが、直系継承されたのは3度だけである。
 
フランツ・シュテファンとマリア・テレジアの長男[[ヨーゼフ2世 (神聖ローマ皇帝)|ヨーゼフ2世]]は父から帝位を、母からオーストリア大公位およびハンガリーとボヘミアの王位を継承したが、子供がなく、[[トスカーナ大公国の支配者一覧|トスカーナ大公]]位を継承していた弟[[レオポルト2世 (神聖ローマ皇帝)|レオポルト2世]]が代わって帝位および王位に就いた。レオポルト2世から[[フランツ2世 (神聖ローマ皇帝)|フランツ2世/1世]]、[[フェルディナント1世 (オーストリア皇帝)|フェルディナント1世]]までは直系継承が続いたが、子供のないフェルディナント1世が[[1848年]]の[[1848年革命|3月革命]]で退位すると、弟[[フランツ・カール・フォン・エスターライヒ|フランツ・カール]]大公(帝位を辞退)の長男[[フランツ・ヨーゼフ1世 (オーストリア皇帝)|フランツ・ヨーゼフ1世]]が即位した。なお、フランツ・ヨーゼフの弟[[マクシミリアン (メキシコ皇帝)|マクシミリアン]]は[[メキシコ帝国]]の皇帝となったが、メキシコの自由主義勢力によって銃殺刑に処せられた。
 
フランツ・ヨーゼフ1世の下、[[1867年]]に[[オーストリア帝国]]は[[オーストリア=ハンガリー帝国|オーストリア=ハンガリー二重帝国]]に再編される。オーストリア皇帝がハンガリー王を兼ねる点はそれまでと同様であったが、軍事・外交・財政を除いてはオーストリアとハンガリーの2つの政府が独自の政策を行うという体制であった。フランツ・ヨーゼフは唯一の息子であった皇太子[[ルドルフ (オーストリア皇太子)|ルドルフ]]の死後、甥の[[フランツ・フェルディナント・フォン・エスターライヒ=エステ|フランツ・フェルディナント大公]]を皇位継承者としたが、[[1914年]]の[[サラエボ事件|サラエヴォ事件]]で暗殺され、これがきっかけとなって[[第一次世界大戦]]が勃発する。大戦中にフランツ・ヨーゼフは死去し、フランツ・フェルディナントの甥[[カール1世 (オーストリア皇帝)|カール1世]]が帝位を継ぐが、大戦末期の[[1918年]]に帝国は滅亡し、[[第一共和国 (オーストリア)|オーストリア共和国]]が成立するとともに、[[ハンガリー王国 (1920-1946)|ハンガリー]]や[[チェコスロバキア|チェコスロヴァキア]]を始めとする多くの国々が独立した。カール1世は亡命し、1922年に病死した。
[[シレジア]]南東部にあった[[チェシン公国]](ドイツ語ではテシェン公国)は、[[ピャスト家]]支族によって治められていたが、女公[[エルジュビェタ・ルクレツィア (チェシン女公)|エルジュビェタ・ルクレツィア]]が1653年に没した後、[[ボヘミア]]王としてのハプスブルク家君主の支配下に入った。しかし、皇帝[[カール6世 (神聖ローマ皇帝)|カール6世]]の時代にロレーヌ公[[レオポルト (ロレーヌ公)|レオポルト]]に譲られ、レオポルトの死後は息子フランツ・シュテファンが受け継いだ。
 
フランツ・シュテファンが皇帝位に就いたことで、チェシン公位は再び皇帝位と統合されるが、トスカーナと同様にハプスブルク家の本領とは別に相続されることになり、フランツの死後は長男[[ヨーゼフ2世 (神聖ローマ皇帝)|ヨーゼフ2世]]を経てその妹[[マリア・クリスティーナ・フォン・エスターライヒ (1742-1798)|マリア・クリスティーナ]]が夫の[[ザクセン公国選帝侯領|ザクセン公子]][[アルベルト・カジミール・フォン・ザクセン=テシェン|アルベルト・カジミール]]と共同で受け継いだ。夫妻には実子がなかったため、マリア・クリスティーナの弟である皇帝[[レオポルト2世 (神聖ローマ皇帝)|レオポルト2世]]の三男[[カール・フォン・エスターライヒ=テシェン|カール大公]]を養子として公国を相続させた。カールは兄であるオーストリア皇帝[[フランツ2世 (神聖ローマ皇帝)|フランツ1世]]の治世に、オーストリア軍司令官として[[フランス革命戦争]]および[[ナポレオン戦争]]において活躍したことで知られるが、以後カールを祖とする家系が新たなチェシン公家(ハプスブルク=テシェン家)となった。
 
この家系からは[[第一次世界大戦]]時にオーストリア=ハンガリー陸軍の最高司令官を務めた[[フリードリヒ・フォン・エスターライヒ=テシェン|フリードリヒ大公]]、ポーランド国王候補にもなった[[カール・シュテファン・フォン・エスターライヒ|カール・シュテファン大公]]、[[両シチリア王国|両シチリア王]][[フェルディナンド2世 (両シチリア王)|フェルディナンド2世]]妃[[マリーア・テレーザ・ダズブルゴ=テシェン|マリーア・テレーザ]]、[[スペイン君主一覧|スペイン王]][[アルフォンソ12世 (スペイン王)|アルフォンソ12世]]妃[[マリア・クリスティーナ・フォン・エスターライヒ (1858-1929)|マリア・クリスティーナ]]などが出ている。
 
チェシン公国は第一次世界大戦後に[[チェコスロバキア|チェコスロヴァキア]]と[[ポーランド]]の間で分割されて消滅した。チェシン公家の血筋はその後も続いている。
 
=== その他 ===
皇帝[[レオポルト2世 (神聖ローマ皇帝)|レオポルト2世]]の七男[[ヨーゼフ・アントン・フォン・エスターライヒ|ヨーゼフ・アントン大公]]は、早世した兄アレクサンダー・レオポルト大公に代わって1796年に[[ハンガリー王国|ハンガリー]][[副王]]([[:en:Palatine (Kingdom of Hungary)|nádor]])の地位に就いた。この家系もまたハプスブルク=ロートリンゲン家の有力な分家の一つとなっており、[[ベルギー国王の一覧|ベルギー王]][[レオポルド2世 (ベルギー王)|レオポルド2世]]妃[[マリー=アンリエット・ド・アブスブール=ロレーヌ|マリー=アンリエット]]、第一次世界大戦後に新たな[[ハンガリー王国 (1920-1946)|ハンガリー王国]]の国王に一時擁立された[[ヨーゼフ・アウグスト・フォン・エスターライヒ|ヨーゼフ・アウグスト大公]]などが出ている。
 
主要な家系としては他に、レオポルト2世の十男で[[ロンバルド=ヴェネト王国]]の副王となった[[ラニエーリ・ダズブルゴ|ライナー・ヨーゼフ大公]]の家系があり、サルデーニャ王、のち初代[[イタリア王]]となる[[ヴィットーリオ・エマヌエーレ]]の王妃[[マリーア・アデライデ・ダズブルゴ=ロレーナ|マリーア・アデライデ]]などが出ている。
 
[[貴賤結婚]]のためハプスブルク=ロートリンゲンの家名を許されなかった家系としては、レオポルト2世の九男で「アルプス王」と呼ばれた[[ヨハン・バプティスト・フォン・エスターライヒ|ヨハン大公]]と平民の娘[[アンナ・プロッフル]]の間の息子の家系であるメラン伯爵家、皇位継承者[[フランツ・フェルディナント・フォン・エスターライヒ=エステ|フランツ・フェルディナント大公]]と伯爵令嬢[[ゾフィー・ホテク]]の間の子供の家系であるホーエンベルク家が知られる。
匿名利用者