「ウジェーヌ・ド・ボアルネ」の版間の差分

m (ロボットによる 追加: no:Eugène de Beauharnais)
ウジェーヌは、エジプト遠征中に、いかにナポレオンがイポリット・シャルルの事で悩んでいるか、それにも関わらず自分に愛情を注いでくれ、自分がどれほど感動しているか、直ちにイポリットとの浮気を止める事などを、母に手紙で切々と訴えていたのだった。しかし、このウジェーヌの手紙は、イギリス政府に押収され、ジョゼフィーヌの許には届いていなかった。結局、ウジェーヌとオルタンスの涙の懇願や、まだ残っていたジョゼフィーヌへの愛情から、ナポレオンは離婚を思い止まった。これを境に、ジョゼフィーヌの浮気もなくなり、安定した夫婦生活になったため、ウジェーヌも安堵した。
 
彼は多くの戦いで、見事な軍功を立て、順調に昇進していった。また、彼は有能なだけでなく、誠実な人柄で、このような点からも、ナポレオンの厚い信頼を寄せられた。[[1806年]]に、ナポレオンはそれまでのウジェーヌの働きを認め、[[イタリア王国 (1805年-1814年)|イタリア]]副王にした。同年に、彼は[[バイエルン|バイエルン]][[マクシミリアン1世 (バイエルン王)|マクシミリアン1世]]の娘[[アウグステ・フォン・バイエルン|アウグステ]]と結婚した。これは、アウグステの結婚相手がすでに決まっていたのを、ナポレオンが強引に婚約解消させてウジェーヌと結婚させたものだった。しかし夫婦仲はとても良く、7人もの子供に恵まれた。
*[[ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ (スウェーデン王妃)|ジョゼフィーヌ・マクシミリアーネ・ウジェニー・ナポレオーネ]] ([[スウェーデン]]君主一覧|スウェーデン国王]][[オスカル1世 (スウェーデン王)|オスカル1世]]妃)
*[[ウジェニー・ド・ボアルネ|ウジェニー・オルタンス・オギュスト]]
*[[アウグスト (ロイヒテンベルク公)|オギュスト・シャルル・ウジェーヌ・ナポレオン]] ([[ポルトガル]]君主一覧|ポルトガル女王]][[マリア2世 (ポルトガル女王)|マリア2世]]の最初の夫)
*[[アメリー・ド・ボアルネ|アメリー・オギュスト・ウジェニー・ナポレオーヌ]] ([[ブラジル帝国|ブラジル]]皇帝[[ペドロ1世 (ブラジル皇帝)|ペドロ1世]]の後妻)
*[[テオドランド・ド・ボアルネ|テオドランド・ルイーズ・ウジェニー・オギュスト・ナポレオーヌ]]
*カロリーヌ・クロティルド
*[[マクシミリアン・ド・ボアルネ|マクシミリアン・ジョゼフ・ウジェーヌ・オギュスト・ナポレオン]] ([[ロシア君主一覧|ロシア皇帝]][[ニコライ1世]]の娘ニコラエヴナの夫)
しかし、野心ばかり強いナポレオンの兄弟達は、ナポレオンに厚遇されている彼の存在を、その母ジョゼフィーヌと同様に敵視していた。[[1809年]]には、ウジェーヌは母にナポレオンとの離婚に同意するよう説得している。
 
匿名利用者