「バイエルン国王」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 概要 ==
[[1805年]][[12月26日]]に[[フランス君主帝政|フランス皇帝]][[ナポレオン・ボナパルト|ナポレオン1世]]と[[神聖ローマ皇帝]][[フランツ2世 (神聖ローマ皇帝)|フランツ2世]]との間で[[プレスブルクの和約|プレスブルク条約]]が結ばれ、ナポレオンと同盟していた幾つかの[[公国]]、[[選帝侯|選帝侯国]]は[[王国]]への昇格を認められた。その中の一人である[[バイエルン大公|バイエルン選帝侯]][[マクシミリアン1世 (バイエルン王)|マクシミリアン4世]]は[[1806年]][[1月1日]]にバイエルン国王マクシミリアン1世と称した。マクシミリアン1世はプファルツ([[ライン宮中伯]])系[[ヴィッテルスバッハ家]]の支流である[[プファルツ=ビルケンフェルト家|プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト家]]の出身であった。
 
マクシミリアン1世や後継者たちは[[ドイツ]]・[[ナショナリズム]]に抵抗し、[[プロイセン王国|プロイセン]]や[[オーストリア帝国|オーストリア]]に脅かされる[[ドイツ連邦]]の諸邦の指導者として第三極的立場にあった。[[普墺戦争]]では宗教的な繋がりからオーストリア側に就いて敗れ、[[ルートヴィヒ2世 (バイエルン王)|ルートヴィヒ2世]]はプロイセンと同盟(実質的にはバイエルンの主権の制限)を結んだ。
 
[[1870年]][[11月23日]]の条約でバイエルンは新生[[ドイツ帝国]]に統合されたが、比較的自治が認められた。バイエルン国王は独自の称号、外交権、国軍を有していた。[[第一次世界大戦]]末期の[[1918年]]に[[ドイツ皇帝]]が廃されると、最後の国王[[ルートヴィヒ3世 (バイエルン王)|ルートヴィヒ3世]]は退位した。
 
なお、バイエルン王の称号はしばしば[[カロリング朝]]の君主も用いていた。詳しくは[[バイエルンの君主一覧]]を参照。
 
bar:barre1
from: 1806 till: 1825 color:purple text:[[マクシミリアン1世 (バイエルン王)|マクシミリアン1世]]
from: 1825 till: 1848 color:yellow text:[[ルートヴィヒ1世 (バイエルン王)|ルートヴィヒ1世]]
from: 1848 till: 1864 color:blue text:[[マクシミリアン2世 (バイエルン王)|マクシミリアン2世]]
from: 1864 till: 1886 color:red text:[[ルートヴィヒ2世 (バイエルン王)|ルートヴィヒ2世]]
from: 1886 till: 1913 color:green text:[[オットー1世 (バイエルン王)|オットー1世]]
from: 1913 till: 1918 color:grey text:[[ルートヴィヒ3世 (バイエルン王)|ルートヴィヒ3世]]
 
</timeline>
匿名利用者