「フリードリヒ・アウグスト2世 (ザクセン王)」の版間の差分

編集の要約なし
| 全名 = <span style="font-size:75%;">フリードリヒ・アウグストゥス・アルベルト・マリア・クレメンス・ヨーゼフ・ヴィンツェンツ・アロイス・ネポムク・ヨハン・バプティスタ・ニコラウス・ラファエル・ペーター・クサヴァー・フランツ・デ・パウラ・ヴェナンティウス・フェリックス・フォン・ザクセン</span>
| 出生日 = [[1797年]][[5月18日]]
| 生地 = [[File:Flag of Electoral Saxony.svg|border|20px]] [[ザクセン公国#選帝侯|ザクセン]]、[[w:en:Pillnitz|ピルニッツ]]
| 死亡日 = {{死亡年月日と没年齢|1797|5|18|1854|8|9}}
| 没地 = {{AUT1804}}、[[w:en:Karrösten|カッレーステン]]
| 配偶者2 = [[マリア・アンナ・フォン・バイエルン (1805-1877)|マリア・アンナ・フォン・バイエルン]]
| 子女 =
| 王家 = [[ヴェッティン家]][[アルベルティン家|アルブレヒト系]]
| 王朝 =
| 王室歌 =
'''フリードリヒ・アウグスト2世'''({{lang|de|Friedrich August II.}}, [[1797年]][[5月18日]] - [[1854年]][[8月9日]])は、[[ザクセン王国]]の第3代[[国王]](在位:[[1836年]] - [[1854年]])。ザクセン王太子[[マクシミリアン・フォン・ザクセン (1759-1838)|マクシミリアン]](1759年 - 1838年)の長男で、初代ザクセン王[[フリードリヒ・アウグスト1世 (ザクセン王)|フリードリヒ・アウグスト1世]]、第2代ザクセン王[[アントン (ザクセン王)|アントン]]の甥。全名は''{{lang|de|Friedrich August Albert Maria Clemens Joseph Vincenz Aloys Nepomuk Johann Baptista Nikolaus Raphael Peter Xaver Franz de Paula Veneantius}}''。
 
[[1797年]][[5月18日]]に[[ピルニッツ]]で、[[ザクセン公国君主一覧|ザクセン]]選帝侯]][[フリードリヒ・クリスティアン (ザクセン選帝侯)|フリードリヒ・クリスティアン]]の五男[[マクシミリアン・フォン・ザクセン (1759-1838)|マクシミリアン]]とその最初の妻であった[[パルマ公の一覧|パルマ]]公[[フェルディナンド・ディ・ボルボーネ|フェルディナンド]]の娘[[カロリーナ・マリーア・ディ・ボルボーネ=パルマ|カロリーナ・マリーア]](1770年 - 1804年、独語名カロリーネ・マリア)の第三子として生まれた。
 
[[1819年]][[9月26日]]にフリードリヒ・アウグストは[[オーストリア国|オーストリア]]皇帝[[フランツ2世 (神聖ローマ皇帝)|フランツ1世]]の皇女[[カロリーネ・フォン・エスターライヒ|マリー・カロリーネ]](1801年 - 1832年)と結婚した。さらにカロリーネと死別した後の[[1833年]][[4月24日]]に[[バイエルン|バイエルン]][[マクシミリアン1世 (バイエルン王)|マクシミリアン1世]]の王女[[マリア・アンナ・フォン・バイエルン (1805-1877)|マリア・アンナ]]と再婚した。しかし2人の妃との間に子供は生まれなかった。
 
1830年9月、フランスで起きた[[7月革命]]の影響でザクセンに革命騒乱が発生した際、父マクシミリアンから王太子の地位を譲られた。[[1831年]]に伯父のザクセン王アントンによって[[摂政]]に任命され、アントンが[[1836年]]に死去すると王位に即いた。フリードリヒ・アウグスト2世は憲法を制定するなど、はじめは自由主義的な姿勢をとったが、[[1848年革命]](3月革命)が勃発すると態度を変え、[[1848年]][[4月28日]]には議会を解散した。これは[[五月蜂起]]を招いたものの、暴動は速やかに鎮圧された。
匿名利用者