「アルベルト (ザクセン王)」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: da:Albert af Sachsen)
| 配偶者1 = [[カロラ・ヴァーサ|カロラ・フォン・ヴァーサ=ホルシュタイン=ゴットルプ]]
| 子女 =
| 王家 = [[ヴェッティン家]][[アルベルティン家|アルブレヒト系]]
| 王朝 =
| 王室歌 =
| 母親 = [[アマーリエ・アウグステ・フォン・バイエルン]]
}}
'''アルベルト'''('''{{lang|de|Albert}}'''、[[1828年]][[4月23日]] - [[1902年]][[6月19日]])または'''アルブレヒト'''('''{{lang|de|Albrecht}}''')は、[[ザクセン王国]]の第5代[[ザクセン君主一覧|国王]](在位:[[1873年]] - [[1902年]])。全名は''{{lang|de|Friedrich August Albert Anton Ferdinand Joseph Karl Maria Baptist Nepomuk Wilhelm Xaver Georg Fidelis}}''。第4代ザクセン王[[ヨハン (ザクセン王)|ヨハン]]とその妃であった[[バイエルン|バイエルン]][[マクシミリアン1世 (バイエルン王)|マクシミリアン1世]]の王女[[アマーリエ・アウグステ・フォン・バイエルン|アマーリエ・アウグステ]](1801年 - 1877年)の長男。
 
アルベルトは[[1828年]][[4月23日]]にザクセン王太子ヨハンの第二子として[[ドレスデン]]で生まれた。ドイツの王子の通例に従って軍で教育を受ける一方、[[ボン大学]]でも聴講した。彼が初めて軍の指揮を執ったのは、[[1849年]]に第一次[[シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争]](1848年 - 1852年)においてであった。
[[1873年]]に父王ヨハンが死去したためアルベルトは王位に即いた。しかし彼は政治に興味を持たず、「君臨すれども統治しない」立憲君主的な態度をとった。[[1897年]]にアルベルトは[[リッペ侯国]]の相続を巡る対立の仲裁人に指名された。
 
アルベルトは[[1902年]][[6月19日]]に[[シレジア|シュレージエン]]のSibyllenort城で死去した。[[1853年]]に結婚した王妃の[[カロラ・ヴァーサ|カロラ]](1833年 - 1907年、[[スウェーデン君主一覧|スウェーデン王]][[グスタフ4世アドルフ (スウェーデン王)|グスタフ4世アドルフ]]の王子[[グスタフ (ヴァーサ公)|グスタフ]]の娘)との間に子供はおらず、王位は弟のゲオルクが嗣いだ。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者