「代打ち」の版間の差分

m
→‎アカギ: Help:ページの編集#見出し・段落・横線より<br>を空行に変更しました。
m (→‎アカギ: Help:ページの編集#見出し・段落・横線より<br>を空行に変更しました。)
 
=== 作品上の設定 ===
上記のような麻雀作品内で、設定される「麻雀勝負」は「賭博麻雀」が多く、裏社会の人物たちが主催するため、かなりの高額のレートを賭けた麻雀勝負になる。また、この勝負は違う組織同士が麻雀勝負で、相手側から「金を搾り取る」という勝負でもある。そのため、負けた場合は組織にとって大きな金銭的損害になりやすい。<br>
 
また下手をすれば、勝負に挑む者自身が「腕や指を切り落とす」・「天文学的な数字の金額の金を支払わなければならない」<ref>アニメ版の第13話では、赤木に惨敗した浦部はその責任をとられて、両手の指を全てへし折られ、何億円もの借金を背負わされた</ref>などという重大なリスクを背負うことになる。<br>
そのため、極限のプレッシャーで「麻雀勝負」をしなければならなくなるが、そのような状況で「麻雀」に勝つには、並大抵の技術や精神力や経験の少ない者ではできない。<br>
 
彼らは、裏の世界のギャンブラーとして「生死」を賭けた勝負を生業としているので、その技術や経験の高さはもちろん、失敗や負けが許されないプレッシャーが非常にかかる状態でも平然と麻雀の勝負に挑むことができるのである。
そのため、極限のプレッシャーで「麻雀勝負」をしなければならなくなるが、そのような状況で「麻雀」に勝つには、並大抵の技術や精神力や経験の少ない者ではできない。<br>彼らは、裏の世界のギャンブラーとして「生死」を賭けた勝負を生業としているので、その技術や経験の高さはもちろん、失敗や負けが許されないプレッシャーが非常にかかる状態でも平然と麻雀の勝負に挑むことができるのである。
 
=== 登場した代打ち ===
ここでは、アニメ『[[アカギ 〜闇に降り立った天才〜|闘牌伝説アカギ 〜闇に降り立った天才〜]]』で登場した代打ちのみを紹介する
*矢木圭次
*市川
7,328

回編集