「覚猷」の版間の差分

編集の要約なし
m (推敲)
'''覚猷'''('''かくゆう'''、[[1053年天喜]]元年([[天喜1053年]]1)- [[1140保延]]6[[9月15日 (旧暦)|9月15日]]([[保延1140年]][[10月27日]]6))))は、[[平安時代]]後期の[[天台宗|天台]]僧。'''鳥羽僧正'''(とばそうじょう)と世に呼ばれ、日本仏教界の重職を務めた高僧であるのみならず、絵画にも精通し、[[鳥獣人物戯画]]などの作者に擬せられている。そのユニークでユーモアあふれる作風から、[[漫画]]の始祖とされることもある。
 
== 経歴 ==
覚猷は、[[1053年]]に[[源隆国]]の第9子として出生。若年時に出家し、[[園城寺]]にて天台仏教・[[密教]]を修めながら、画技にも長じるようになった。ながらく園城寺法輪院に住し、密教図像の集成と絵師の育成に大きな功績を残したほか、自らの画術研鑽にも努めた。
 
[[四天王寺]]別当、[[法成寺]]別当、園城寺長吏など大寺社の要職を歴任する間、[[10321132年]]には[[僧正]]へ、[[10341134年]]には[[大僧正]]へ任じられた。
 
[[10381138年]]、47世[[座主|天台座主]]となったが3日で退任し、厚い帰依を寄せていた[[鳥羽天皇|鳥羽上皇]]が住む[[鳥羽離宮]]の証金剛院へ移り、同離宮の護持僧となった。以後、鳥羽僧正と呼ばれた。
 
保延6年(1140)[[9月15日 (旧暦)|9月15日]]、覚猷は90歳近い高齢で死去した。その際、弟子から遺産分与に関する遺言を求められ、「遺産の処分は腕力で決めるべし」と遺したと伝えられている。
[[Category:日本の画家|かくゆう]]
[[Category:漫画|かくゆう]]
{{生没年|かくゆう|1053年|1140年}}
{{People-stub}}
匿名利用者