「空想的社会主義」の版間の差分

「この記事の内容の信頼性について検証が求められています。」のテンプレートを付加。引用範囲を変更。
(エンゲルスが空想的社会主義について述べたところを正確に記述)
(「この記事の内容の信頼性について検証が求められています。」のテンプレートを付加。引用範囲を変更。)
{{未検証}}
{{社会主義}}
{{社会民主主義}}
'''空想的社会主義'''(くうそうてきしゃかいしゅぎ、[[英語|英]]:utopian socialism, [[ドイツ語|独]]:Utopischer Sozialismus)または'''ユートピア社会主義'''とは近代的な[[社会主義]]の[[思想]]の最も始まりに位置する思想を指して言う言葉である。ユートピアン社会主義とも言う。[[シャルル・フーリエ]]、[[アンリ・ド・サン=シモン]]、[[ロバート・オウエン]]に代表される。
 
理想社会に対する人間の夢は古くは[[プラトン]]の『[[国家 (対話篇)|国家]]』にもみられ、さらに近世初頭の[[16世紀]]~[[17世紀]]には[[トマス・モア]]の『[[ユートピア]]』、[[トマソ・カンパネッラ]]の『太陽の都』、[[フランシス・ベーコン (哲学者)|フランシス・ベーコン]]の『新アトランティス』などに現れており、広義にはこれらを含めて空想社会主義と呼ぶこともある。
 
空想的社会主義という言葉は、[[カール・マルクス]]と[[フリードリヒ・エンゲルス]]が、自らの主張する社会主義を「科学的に構築される社会主義」([[科学的社会主義]])との対比として名付けたものである。科学的社会主義では空想的社会主義を次のように定義している。
 
フリードリヒ・エンゲルスは著書『[[空想から科学へ|空想から科学への社会主義の発展]]』の中で、サン=シモン、フーリエ、オウエンについて次のように述べている。
*「資本主義的生産の未熟な状態、未熟な階級の状態には、未熟な理論が対応していた。」「社会的秩序な課題新しい解決はより完全な体系を考え未発展の経済関係のうちにまして、こ隠さを宣伝によっいたのでできれば模範的実験実例をつうじて、社会に外なかからおしくりだされなるということが必要であった。こばなの新しい社会体系は、ユートピアにるという運命をはじめら宣告されていた。」「・・・・・・いまではただこっけいなだけのこれらの空想について、しかつめらしくあらさがしをしてまわったり、このような「妄想」にくらべて自分の分別くさい考え方がすぐれていることを主張したりすることは、文筆の小商人たちにまかせておけばよい。われわれはむしろ、空想の覆いの下からいたるところで顔を出しているのにあの俗物たちの目には見えない天才的な思想の萌芽や思想をよろこぶものである。」<ref>エンゲルス『空想から科学へ』第1章、大月書店 国民文庫p.63</ref>
*「サン=シモンには天才的な視野の広さが見いだされ、この視野の広さのおかげで彼の思想には、厳密に経済的な思想ではなかったけれども、後代の社会主義者たちのほとんどすべての思想が萌芽としてふくまれている」<ref>エンゲルス『空想から科学へ』第1章、大月書店 国民文庫p.66</ref>
*「イギリスの労働者の利益のためにおこなわれた社会運動やほんとうの進歩はすべて、オウエンの名と結びついている。」(1880年頃の記述)<ref>エンゲルス『空想から科学へ』第1章、大月書店 国民文庫p.73</ref>
また、エンゲルスは空想的社会主義と対比させて科学的社会主義の特徴を次のように述べている。
:「社会主義の課題は、もはや、できるだけ完全な社会体制を完成することではなくて、これらの階級とその対立抗争を必然的に発生させた歴史的な経済的な経過を研究し、この経過によってつくりだされた経済状態のうちにこの衝突を解決する手段を発見することであった。」<ref>エンゲルス『空想から科学へ』第12章、大月書店 国民文庫p.86</ref>
 
「空想的社会主義」という言葉が特定の政治運動というよりむしろ幅広いカテゴリを意味する言葉であるため、精確に言葉を定義するのは難しい。ある定義によれば、[[フランス革命]]から1830年代中頃までに著作を出版した著者の思想を指すとしているが、別の定義では[[イエス・キリスト]]を空想的社会主義者に加えるといった具合である。いっぽう、時期的には後の19世紀後半の[[フェビアン協会]]を含む考え方もある。
1,374

回編集