「ギ酸」の版間の差分

ギ酸はヤマアリ亜科のアリから防御液を吹きかけられたり、[[イラクサ]]の棘に刺されたときの刺激の一因となっている(ただし、イラクサの毒作用は[[ヒスタミン]]と[[アセチルコリン]]が主成分とする説が有力になってきている)。
 
[[メタノール]]を誤飲すると失明・死亡するがそれはメタノールの酸化により生じる[[ホルムアルデヒド]]のせいではなく、それがさらに酸化されて生じるギ酸が[[代謝]]されにくいことによる'''{{要出典|誤りではないでしょうが、一般認知されていることではないで出典が必要と思います}}'''。すなわち、ギ酸による[[アシドーシス]]によであることが判明している。
 
== 利用 ==
匿名利用者