「枢密院 (中国)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''枢密院'''(すうみついん)は、[[唐|唐王朝]](7世紀初めから10世紀初め)の生ま設置された機構で、主として軍制を掌った中央官庁である。軍政を統轄したが[[軍隊]]の指揮権はなかった。以後、[[五代十国|五代]]の各王朝、[[遼]]、[[北宋]]、[[金 (王朝)|金]]、[[宋 (王朝)|宋]]、[[元 (王朝)|元]]と歴代王朝に継承され、[[明|明代]]に廃止された。
 
==唐代から五代十国==
王朝の枢密院は、正確には「内枢密使」と呼ば称さて宮中におかれ、[[宦官]]が任命される役職であった。これが宦官と軍隊の癒着を生んだの要因になったとして批判され、[[朱全忠]]が唐を滅ぼし[[後梁]]の[[朱全忠]](太祖)は、を建国するとこれを廃止して改めて政府に'''崇政院'''(すうせいいん)を設置し、士人を任命した。[[後唐]]が後梁を攻め滅ぼすと、唐の旧制の多くが復活したが、枢密使は復活再設置ず、単に崇政院を「枢密院」と改称させてそのまま機能を維持させた。
 
==宋代==
王朝の枢密院はその地位が上昇し、高まり行政を管轄する[[中書省]]と並んで「二府」と称され、枢密使を長、知枢密院事・枢密副使を次官として要職の多くは文官が占めた。これは文官統制により有力な将軍の軍権影響力を抑制する意味では成功を納めたが、後になると代では軍事らな識に疎い文官が直接軍隊を指揮することなく、自らが策定した軍事行動方針を一方的に前線部隊に命令して厳守させようたこしたために、実際の軍事作戦に際してはおける指揮に支障をきたし、周辺諸国に圧迫される一因となった。中央官制において、枢密使は[[同平章事]]の1等下、[[参知政事]]の同格とみなされて両方を合わせて「執政」とも称した。
 
==元代==
元王朝のモンゴル帝国が成立すると[[1262年]]([[中統]]3年)に枢密院が設置され、行政を管轄するの中書省、監察を管轄する[[御史台]]と並ぶ、[[1262年]]([[中統]]3年)に設置された軍事を管轄する最高機関とされた名目上の長は枢密使であるが、枢密使は常に[[皇太子]]が兼職する名誉職とされたため、実質上の長は知枢密院事が担っとされた。
 
{{デフォルトソート:すうみついん ちゆうこく}}
[[Category:中国の法制史]]
[[Category:枢密院]]
 
33,542

回編集