「クイーン (護衛空母)」の版間の差分

スコットランドのSt. Andrews などは、「セント・アンドルーズ」に改名済。アンドルーも参照。
(スコットランドのSt. Andrews などは、「セント・アンドルーズ」に改名済。アンドルーも参照。)
|18-24
|}
'''クイーン''' ('''HMS Queen, D19''') は、[[イギリス海軍]]の[[護衛空母]]。[[アメリカ海軍]]の[[ボーグ級航空母艦]]'''セント・アンドリュ''' ('''USS St. Andrews, AVG/ACV/CVE-49''') として完成し、[[レンドリース法]]に基づきイギリスに貸与された。
 
== 艦歴 ==
セント・アンドリュは海事委任契約の下[[ワシントン州]][[タコマ (ワシントン州)|タコマ]]の[[シアトル・タコマ造船所]]で1943年3月12日に起工された。1943年7月15日に CVE-49(護衛空母)に艦種変更され、1943年7月31日にロバート・W・モース夫人によって進水した。1943年12月7日にレンドリース法に基づきイギリス海軍へ引き渡され、同日クイーン (''HMS Queen, D19'') の艦名でイギリス海軍で就役した。
 
クイーンは1944年を北[[大西洋]]で活動し、アメリカからイギリスへ兵員や物資を運搬する船団の護衛に従事した。1945年の前半には[[太平洋]]戦線へ移動した。
295

回編集