「フリードリヒ2世 (ヘッセン=カッセル方伯)」の版間の差分

編集の要約なし
'''フリードリヒ2世'''('''<span lang="de" xml:lang="de">Friedrich II.</span>''', [[1720年]][[8月14日]] - [[1785年]][[10月31日]])は、[[ヘッセン=カッセル方伯]](在位:[[1760年]] - 1785年)。[[ヴィルヘルム8世 (ヘッセン=カッセル方伯)|ヴィルヘルム8世]]とその妻であった[[ザクセン=ツァイツ公]][[モーリッツ・ヴィルヘルム (ザクセン=ツァイツ公)|モーリッツ・ヴィルヘルム]]の公女ドロテア・ヴィルヘルミーナ(1691年 - 1743年)の息子。
 
[[1740年]]に[[イギリス]]王[[ジョージ2世 (イギリス王)|ジョージ2世]]の王女[[メアリー・オブ・グレート・ブリテン|メアリー]](1723年 - 1772年)と結婚した(式は[[5月8日]]に代理人を介して[[ロンドン]]で、[[6月28日]]に本人が出席して[[カッセル]]でそれぞれ行なわれた)。2人の間には、ヴィルヘルム(夭逝)、ヴィルヘルム(後のヘッセン選帝侯[[ヴィルヘルム1世 (ヘッセン選帝侯)|ヴィルヘルム1世]])、カール(1744年 - 1836年)、フリードリヒ(1747年 - 1837年)の4子が生まれた。また、[[1772年]]にメアリーと死別すると[[1773年]][[1月10日]]に[[ベルリン]]にて[[ブランデンブルク=シュヴェート]]辺境伯[[フリードリヒ・ヴィルヘルム (ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯)|フリードリヒ・ヴィルヘルム]]の娘[[フィリッピーネ・アウグステフォンアマブランデンブルク=シュヴェト|フィエ(1745年 - 1800年)ッピーネ]]と再婚したが、彼女との間には子供は生まれなかった。
 
[[1749年]]に父と共に[[ケルン大司教]][[クレメンス・アウグスト・フォン・バイエルン]]を訪ねた際、[[カトリック教会|カトリック]]に改宗したが、ヘッセン=カッセルの宗教は[[改革派教会|カルヴァン派]]にとどめ、自身の子供も[[プロテスタント]]として育てた。