「シェミア島」の版間の差分

編集の要約なし
'''シェミア島'''(''Shemya Island'')は、[[アリューシャン列島]]、[[ニア諸島]]に位置する[[アメリカ合衆国]]が領有する小さな島。
 
[[1762年]]難破の末漂着した[[ロシア]]船の乗組員が漂着し、発見された。
 
島内には[[1943年]]に建設された[[アメリカ空軍]]の基地が存在しあり、全長3kmの[[滑走路]]や大型レーダーが備えつけられ、[[RC-135]][[偵察機]]が配備されている。[[冷戦]]時代、[[ソビエト連邦]]から飛来する[[大陸間弾道ミサイル]]を監視し同時距離にある[[カムチャツカ半島]]を監視するため[[1960年代]]にはおよそ1500人の将兵が駐留し、[[ソ連軍]]の通信を傍受するため[[ロシア語]]堪能な士官が常時在勤していたという。
 
ちなみに、[[ノースウエスト航空]]が[[1947年]]に初めて太平洋横断線を就航させたとき、[[アンカレッジ]]と東京の中間点として当地の滑走路を使用していたことがあった。
917

回編集