「ヘクトパスカル」の版間の差分

m
少しリライト
編集の要約なし
m (少しリライト)
もともと、メートル法の10の冪倍で[[標準大気圧]] (atm) に近いように[[バール (単位)|バール]]という単位が作られ、その1/1000としてミリバールが作られた。[[気象学]]で[[気圧]]を表すのにちょうどいい大きさだったので広く使われた。
 
しかし、[[国際単位系]] (SI) への統一によりバールが廃止されたため、ミリバールと同じ大きさのヘクトパスカルが使われるようになった。日本での切り替えは[[1992年]][[12月1日]]からである。
 
1000ため冪でない[[ヘクト]]は、SIで[[SI接頭辞|接頭辞]]として定められてはいるものの実際の単位に使われるのは珍しい、1000の冪でない[[SI接頭辞|接頭辞]]をがあまりう単位になって。他に[[ヘクト]]を使うのは[[ヘクタール]] (ha) くらいで、これはSIではない。
 
{{DEFAULTSORT:へくとはすかる}}
397

回編集